読書と出版

  1. 広告情報誌「企業と広告」2018年3月号にエッセイを書きました

    広告情報誌「企業と広告」(株式会社チャネル発行)よりエッセイの執筆依頼をいただき、月刊「企業と広告」2018年3月号「ずいひつ」のコーナーに執筆した内容が掲載さ…

  2. あなたの思考を深める読書の流儀

    本を読む目的は人それぞれ、いろいろなものがあります。その中の代表的なものに、「今まで知らなかった新しいことを知りたい」「自分の考えを深めたい」という目的や思い…

  3. 【ザイガニック効果】あえて脳をざわつかせて活性化する読書術

    あなたはザイガニック効果をご存知でしょうか。「未完結な情報や途中で中断された情報は記憶に残りやすく、反対に完結した情報は忘れやすい」という記憶の性質のことです…

  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう!

    日々成長したいと考えながらあなたも毎日を過ごしているのではないでしょうか。 (さらに…)…

  5. ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

    意識的に私が探し、購入しているのがストーリー仕立てになっているオーディオ・ブック。自分にとってのその魅力を簡単に整理してみました。…

  6. 実はスゴ本 初心者のための「人間心理」入門書

    あなたは人間の心理に理解がある方だと思いますか。 (さらに…)…

  7. たかが段取り力、されど段取り力

      あなたは仕事においてもプライベートにおいても自分のことを「段取り」上手だと思いますか? (さらに…)…

  8. 「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!

    webサイトのデザインでも雑誌の編集に関しても、色というのは重要な要素。色彩の使い方で同じメッセージでも伝え方や伝わり方が配色によってがらりと変わってしま…

  9. 勝間勝代『目立つ力』

     インターネットがさまざまな形で、個人メディアを持つことを可能にしました。そうした中、あなたはブログ、twitter、facebookなどのメディアを戦略的に…

  10. 『αの種子―成功をつかむ10の扉』

     自分の「プラスアルファ」の部分を発見、理解し、それに集中・専念し、行動していくことで自分の望む結果を導き出そう、というのがこの本から読みとれるエッセンス。…

  11. 読書を通して得た「なるほど」を実践できていますか?

    本を読んでいると、「なるほど」と思う瞬間があなたもきっとありますよね。「これは使える」、「よし、やってみよう」と思う瞬間が。 (さらに…)…

  12. いつも『「原因」と「結果」の法則』がそばにあった

     100ページに満たない短い翻訳書で、さらりと読んでしまいました。しかし、なんともいえない読後感が残りました。 (さらに…)…

  13. てんつくマン『あんたの神さま』

    もう4・5年前になるでしょうか。テレビのニュースで昔、渋谷の路上詩人の存在を知りました。 (さらに…)…

  14. 青木仁志著『一生折れない自信のつくり方 実践編』

    はじめに筆者の講演を録音したCDが本に付属していて、そちらに魅力を感じて購入した本ですが、 本の内容もよかったのでご紹介します。 (さらに…)…

  15. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

      この本の著者はミスター「オサイフケータイ」として海外でも評価が高い元ドコモの平野敦士カール氏。 (さらに…)…

  16. 岩井 宏太 『リアルウェブ営業術』

     クライアントの広報活動支援の一環として、ウェブ制作・デザインを担当するケースが多いので、SEO対策関連書も目を通すようにしています。 (さらに&helli…

フォローして更新情報を取得



follow us in feedly
  1. 教育

    ジャーナリズム論2(第一回)
  2. 日記

  3. 教育

    文芸特殊研究1(第二回)
  4. 日記

    【ご注意ください】架空請求詐欺被害に遭いました
  5. 日記

    研修旅行に初参加
PAGE TOP