読書と出版

One Book, Three Points, One Actionから始めよう!

日々成長したいと考えながらあなたも毎日を過ごしているのではないでしょうか。

しかしながら、漠然と仕事をしたり、同じようなことを繰り返しているだけではあなたが思い描くような成長はなかなか望めないのではないでしょうか。

もちろん、何となく過ごしていても経験を重ねることによる成長はあります。

しかし、自ら自分の成長の方向性を決めたり、主体的にアレンジしたりするという要素はどうしても薄くなりますよね。

主体的に自らの成長の方向性を考えたり、そのためのヒントや材料を得る上でコストパフォーマンスが高いのが読書。

photo credit: pamhule via photo pin cc

しかし、読み終えたあと、そこで満足してしまって、次の面白そうな新しい本に手を伸ばすということを繰り返している人も多いと思います。

いつの間にか、はじめに読んだ本の中で自分で実践しようと思ったことが意識から遠のいていってしまって、結局何もしていない。

あなたはそんなことありませんか。私は結構あるんです。

三宅裕之『毎朝1分で人生は変わる』という本を読んでいたところ、そんな自分への戒めになる言葉がわかりやすいキャッチフレーズとして紹介されていたので共有したいと思います。

LINK

One Book, Three Points, One Action

つまり、1冊につき、3つのポイントを探し出し、少なくとも一つのアクションを起こそう!というもの。

以下、本から引用します。

僕は本を読むとき「One Book, Three Points, One Action」を心がけています。これは1冊の本で3つのポイントを押さえて「読んだ後には一つだけ具体的な行動を起こそう」と意識しながら読む、ということです。(中略)極端にいえば、「1冊読んで知識を10個得ながら、行動はゼロだった」というよりも、「知識一個、あるいは知識ゼロであっても、そこから行動を一つでも起こせる」ことのほうが重要だと思うのです。 p60~61

あなたが自らの糧にしようと本を読みながら、読んだだけでアクションをあまりしていないというジレンマを抱えているならまず「One Book, Three Points, One Action」から始めてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 読書と出版

    勝間勝代『目立つ力』

     インターネットがさまざまな形で、個人メディアを持つことを可能にしま…

  2. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    読書と出版

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

      この本の著者はミスター「オサイフケータイ」として海外でも評価が高い…

  3. 読書と出版

    ヒトラー暗殺計画とスパイ戦争

      『ヒトラー暗殺計画とスパイ戦争』 ジョン H.ウォラー (著)…

  4. 読書と出版

    たかが段取り力、されど段取り力

      あなたは仕事においてもプライベートにおいても自分のことを「段取り」…

  5. 読書と出版

    『芸術・メディアの視座』刊行

    全体としては、大学学部・専門学校などで広く教科書や入門書として使えるよ…

  6. 読書と出版

    読書歴初期の記憶

    僕の読書に関する記憶は、一ヶ月に一冊家に送られてきた『世界名作児童…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. コミュニケーション

    情報を二つのカテゴリーに区別しタイミングを使い分けよう
  2. ストーリー思考

    CAZANA連載 第3回記事が公開!
  3. 日記

    耐震偽装問題に見る報道被害
  4. ストーリー思考

    完全無欠のヒーローの自慢話なんか誰も聞きたくない
  5. イギリス大学院留学

    データマップ63億人の地図
PAGE TOP