読書と出版

One Book, Three Points, One Actionから始めよう!

日々成長したいと考えながらあなたも毎日を過ごしているのではないでしょうか。

しかしながら、漠然と仕事をしたり、同じようなことを繰り返しているだけではあなたが思い描くような成長はなかなか望めないのではないでしょうか。

もちろん、何となく過ごしていても経験を重ねることによる成長はあります。

しかし、自ら自分の成長の方向性を決めたり、主体的にアレンジしたりするという要素はどうしても薄くなりますよね。

主体的に自らの成長の方向性を考えたり、そのためのヒントや材料を得る上でコストパフォーマンスが高いのが読書。

photo credit: pamhule via photo pin cc

しかし、読み終えたあと、そこで満足してしまって、次の面白そうな新しい本に手を伸ばすということを繰り返している人も多いと思います。

いつの間にか、はじめに読んだ本の中で自分で実践しようと思ったことが意識から遠のいていってしまって、結局何もしていない。

あなたはそんなことありませんか。私は結構あるんです。

三宅裕之『毎朝1分で人生は変わる』という本を読んでいたところ、そんな自分への戒めになる言葉がわかりやすいキャッチフレーズとして紹介されていたので共有したいと思います。

LINK

One Book, Three Points, One Action

つまり、1冊につき、3つのポイントを探し出し、少なくとも一つのアクションを起こそう!というもの。

以下、本から引用します。

僕は本を読むとき「One Book, Three Points, One Action」を心がけています。これは1冊の本で3つのポイントを押さえて「読んだ後には一つだけ具体的な行動を起こそう」と意識しながら読む、ということです。(中略)極端にいえば、「1冊読んで知識を10個得ながら、行動はゼロだった」というよりも、「知識一個、あるいは知識ゼロであっても、そこから行動を一つでも起こせる」ことのほうが重要だと思うのです。 p60~61

あなたが自らの糧にしようと本を読みながら、読んだだけでアクションをあまりしていないというジレンマを抱えているならまず「One Book, Three Points, One Action」から始めてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 読書と出版

    『下流社会』

    三浦展『下流社会』(光文社新書、2005年)を読んだ。 日本社会の若…

  2. 読書と出版

    「江古田文学」60号

    「江古田文学」60号「しりあがり寿」特集が全国書店にて発売になりまし…

  3. 読書と出版

    近刊予定の共著について

    近刊予定の共著についてお知らせします。『芸術・メディアの視座』 タイ…

  4. 読書と出版

    江古田文学 67号

    2008年3月15日 発行の江古田文学 67号。特集「名無しの才能」の…

  5. 読書と出版

    『ウェブデザイナーになってよかった』

    堀田里佳『ウェブデザイナーになってよかった』(エムディエヌコーポレーシ…

  6. 読書と出版

    青木仁志著『一生折れない自信のつくり方 実践編』

    はじめに筆者の講演を録音したCDが本に付属していて、そちらに魅力を感…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    『文化と芸術表象』
  2. 日記

    2005年を振り返る
  3. ストーリー思考

    あなたは何にフォーカスして毎日を過ごしていますか?
  4. イギリス大学院留学

    JOHNNY ENGLISHを目指して
  5. 映画・写真・音楽

    試写会 『かもめ食堂』
PAGE TOP