読書と出版

「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!


Color pencils © by Tambako the Jaguar

webサイトのデザインでも雑誌の編集に関しても、色というのは重要な要素。

色彩の使い方で同じメッセージでも伝え方や伝わり方が配色によってがらりと変わってしまうことも少なくありません。
 


そうしたことは頭ではわかっていても、漠然と色を用いていることが未だに多いのです。

そこで手にして読んだのが藤村 正宏著『「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!』。

LINK

ちょっとだけ例を紹介すると、飲食関係なら暖色系は○で寒色系は○。

茶色の絵は過去を連想させ、青色の絵は未来を連想させる。

この本を読んだ後、街角に並ぶ店の看板を眺めるのが楽しくなりました。

Clean Up or You

これまで、あまり意識していなかったレストランの内装の意味や効果も自分なりに読み解く癖もつきました。

本書はマーケティング的な視点で成果を上げることにフォーカスしているぶん、話が具体的でわかりやすい。

巻頭と巻末にカラー写真などの実例もふんだんに使われているので、確認しながら読み進めることもできます。

ストリートこそテクスト足りうる、といった感覚でにわかミシェル・ド・セルトーになった気分。

さらりと気軽に読める本ですが、日常生活にあふれている色彩に関して意識を高め、敏感にさせてくれる本です。

ピックアップ記事

  1. 「こだわり」のストーリー企業、土屋鞄製造所
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出
  5. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 読書と出版

    『週末ライターで稼ぐ』

    新井イッセー著『週末ライターで稼ぐ』(雷鳥社 2004年)を読んだ。 …

  2. 読書と出版

    『ブランド戦国時代』

    イメージ文化を理解する上で、その中核を担っているといっても過言ではない…

  3. ストーリー思考

    ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

    意識的に私が探し、購入しているのがストーリー仕立てになっているオーディ…

  4. 読書と出版

    DTP業界標準の行方

    僕が卒業し、先日までTA(ティーチング・アシスタント)を務めていた日本…

  5. 読書と出版

    てんつくマン『あんたの神さま』

    もう4・5年前になるでしょうか。テレビのニュースで昔、渋谷の路上詩人の…

  6. 読書と出版

    『闇の王子ディズニー』

    マーク・エリオット『闇の王子ディズニー(上・下)』(古賀林幸訳、草思社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    Cultural Typhoon(Day 1)
  2. ストーリー思考

    「こだわり」のストーリー企業、土屋鞄製造所
  3. 広報・PR

    取材、カタログ制作、仮説の重要性
  4. 日記

    マジックハンド越しの微妙な距離感
  5. 研究

    ハーバーマス
PAGE TOP