読書と出版

「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!


Color pencils © by Tambako the Jaguar

webサイトのデザインでも雑誌の編集に関しても、色というのは重要な要素。

色彩の使い方で同じメッセージでも伝え方や伝わり方が配色によってがらりと変わってしまうことも少なくありません。
 


そうしたことは頭ではわかっていても、漠然と色を用いていることが未だに多いのです。

そこで手にして読んだのが藤村 正宏著『「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!』。

LINK

ちょっとだけ例を紹介すると、飲食関係なら暖色系は○で寒色系は○。

茶色の絵は過去を連想させ、青色の絵は未来を連想させる。

この本を読んだ後、街角に並ぶ店の看板を眺めるのが楽しくなりました。

Clean Up or You

これまで、あまり意識していなかったレストランの内装の意味や効果も自分なりに読み解く癖もつきました。

本書はマーケティング的な視点で成果を上げることにフォーカスしているぶん、話が具体的でわかりやすい。

巻頭と巻末にカラー写真などの実例もふんだんに使われているので、確認しながら読み進めることもできます。

ストリートこそテクスト足りうる、といった感覚でにわかミシェル・ド・セルトーになった気分。

さらりと気軽に読める本ですが、日常生活にあふれている色彩に関して意識を高め、敏感にさせてくれる本です。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. マーケティング

    「ワクワク系マーケティング」本の決定版!

    はじめに 小阪裕治著『「惚れるしくみ」がお店を変える!』を読みました。…

  2. 読書と出版

    近刊予定の共著について

    近刊予定の共著についてお知らせします。『芸術・メディアの視座』 タイ…

  3. 読書と出版

    クリエイティブ・コモンズの精神を知る -『FREE CULTURE』-

     ローレンス・レッシグ 著 『FREE CULTURE』(翔泳社、…

  4. 読書と出版

    誰かをサプライズさせたくなる本

    アメリカのオフィスを舞台にした映画などを見ていると、サプライズ・パー…

  5. 読書と出版

    パオロ・マッツァリーノ著『つっこみ力』

    パオロ・マッツァリーノ『つっこみ力』を読んだ。メディア・リテラシーの批…

  6. 読書と出版

    『下流社会』

    三浦展『下流社会』(光文社新書、2005年)を読んだ。 日本社会の若…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    ユーザーの数だけ”究極の手帳”がある
  2. ストーリー思考

    七夕は日本だけの行事? 実は○○がルーツ!
  3. 研究

    CSについて
  4. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    読書と出版

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』
  5. ストーリー思考

    ワークショップ「マインドマップとストーリー思考のススメ」神戸芸術工科大学大学院に…
PAGE TOP