読書と出版

  1. 『闇の王子ディズニー』

    マーク・エリオット『闇の王子ディズニー(上・下)』(古賀林幸訳、草思社、1994)ディズニーの生涯を活き活きと描いている。ディズニー社やウォルトの遺族たちの許…

  2. 『偽装するニッポン』

    中川理『偽装するニッポン』(彰国社,1996)を読んだ。 ディズニーランドが日本に持ち込んだポストモダン的な仮構世界。それは、ディズニーランドの閉鎖された環境で…

  3. 『ウェブデザイナーになってよかった』

    堀田里佳『ウェブデザイナーになってよかった』(エムディエヌコーポレーション,2002)を読んだ。できるだけ乱読することを自分に課しているので、その一環として…

フォローして更新情報を取得



follow us in feedly
  1. 日記

    メモロ・ジャパンのみなさんと
  2. English/英語

    2015年を振り返って
  3. イギリス大学院留学

    トム・クルーズ、武士道を語る
  4. ストーリー思考

    あるラーメン屋に立ち寄ったときのこと
  5. 日記

    ドミニカ共和国 公使参事官と打ち合わせ
PAGE TOP