『偽装するニッポン』

中川理『偽装するニッポン』(彰国社,1996)を読んだ。 ディズニーランドが日本に持ち込んだポストモダン的な仮構世界。それは、ディズニーランドの閉鎖された環境では、それなりの統一性や総合性を形作っているように見える。

ディズニーランドの開園以降、ディズニー的なファンシーな記号は、日本の消費社会にさまざまなレヴェルで浸透していった。しかし、それは女子学生の好む小物や文房具といった商品だけでなく、公共の施設の装飾にも現れるようになった。動物の形をした交番、果物の形をした公衆トイレや駅、地元の特産品をあしらった公衆電話ボックスなど、その現れ方はさまざまである。

しかし、それは建築デザインとして幸福な形なのだろうか。それは、時に押しつけがましく、滑稽で、グロテスクな存在足りうる。ディズニーランダイゼイションという著者独自の言葉を使って、現状の問題点とその打開策を検討している。 写真による実例が豊富なだけではなく、学術的な成果もふんだんに盛りこんである力作である。

[覚え書き:p27,33,72,83,124,127,130,135,140,142,153,165,167~168,173,176,177,196,214,219,223,224,230]

関連記事

  1. 佐々木俊尚著『グーグル』

  2. ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

  3. パオロ・マッツァリーノ著『つっこみ力』

  4. 江古田文学 69号 特集 太宰治 生誕100年記念

  5. T. ホプキンス R. ヒルバート 『グッド・マン 幸福を引き寄せる生…

  6. 『メディア・リテラシー』刊行

  7. 岩井 宏太 『リアルウェブ営業術』

  8. 不透明な時代を読み解くためのバイブル 秋山隆平 『情報大爆発』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ