『ピンポン』

パートナーがレンタルしてきた『ピンポン』を観た。松本 大洋の原作マンガを読んでいないが、おそらくそちらの方がストーリーとしては面白いのだろう、と想像した。この映画はストーリーに十分なためがないのが致命的。主人公の短期間での成長も、あまりにもインスタントかつワンパターンで説得力が感じられなかった。窪塚 洋介は、ハチャメチャな役をやっても知的でクールな役を演じても最終的には形になる俳優だと思う。この作品でも彼の俳優としての魅力は十分に引き出されている。映画全体として、映像の見せ方はうまい。しかし、脚本自体に決定的な問題があると言わねばならない。

関連記事

  1. カメラ!カメラ!カメラ!

  2. metacritic.com

  3.  Androidスマホ用 音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」で実際に…

  4. 地獄の黙示録

  5. Matrix Reloaded

  6. 花見、ブリジット・ジョーンズの日記の続編

  7. 裏窓

  8. 「コーチ・カーター」  コンセプトの重要性を再認識させられる作品

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ