映画・写真・音楽

『ピンポン』

パートナーがレンタルしてきた『ピンポン』を観た。松本 大洋の原作マンガを読んでいないが、おそらくそちらの方がストーリーとしては面白いのだろう、と想像した。この映画はストーリーに十分なためがないのが致命的。主人公の短期間での成長も、あまりにもインスタントかつワンパターンで説得力が感じられなかった。窪塚 洋介は、ハチャメチャな役をやっても知的でクールな役を演じても最終的には形になる俳優だと思う。この作品でも彼の俳優としての魅力は十分に引き出されている。映画全体として、映像の見せ方はうまい。しかし、脚本自体に決定的な問題があると言わねばならない。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  5. 「こだわり」のストーリー企業、土屋鞄製造所

関連記事

  1. 映画・写真・音楽

    裏窓

    ヒッチコックの『裏窓』、Rear Window (1954) を観た…

  2. 映画・写真・音楽

    Identity

    機内映画を見ました。John Cusack主演のIdentity。ジ…

  3. 映画・写真・音楽

    デジカメ写真をトイカメラ風に加工

    トイカメラの写真は独特で味を感じます。しかしながら、わざわざトイカメ…

  4. 映画・写真・音楽

    8mile

    僕も半年前ほど前に映画館で観まして、また最近見直しました。…

  5. 映画・写真・音楽

    I’m ready to shoot

    前回の記事の後、大学に出入りしているNikonにカメラをチェックしても…

  6. 映画・写真・音楽

    CUBE

    巨大な牢獄のような空間に放り込まれた人々という特異な状況設定から物語は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    サンディエゴ時代からの友人と食事
  2. イギリス大学院留学

    Departure
  3. 連載

    ストーリー思考のビジネス活用法 ~ 「勝利」の形をイメージしよう
  4. 研究

    Amistad関連のメモ
  5. イギリス大学院留学

    年頭のご挨拶
PAGE TOP