映画・写真・音楽

『ピンポン』

パートナーがレンタルしてきた『ピンポン』を観た。松本 大洋の原作マンガを読んでいないが、おそらくそちらの方がストーリーとしては面白いのだろう、と想像した。この映画はストーリーに十分なためがないのが致命的。主人公の短期間での成長も、あまりにもインスタントかつワンパターンで説得力が感じられなかった。窪塚 洋介は、ハチャメチャな役をやっても知的でクールな役を演じても最終的には形になる俳優だと思う。この作品でも彼の俳優としての魅力は十分に引き出されている。映画全体として、映像の見せ方はうまい。しかし、脚本自体に決定的な問題があると言わねばならない。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 映画・写真・音楽

    ここ数ヶ月で見た映画

    食料品を買いに行く途中で撮影した写真。雨が降りそうな、これから晴れて…

  2. 映画・写真・音楽

    metacritic.com

    Film&Visual Cultureクラスの課題として映画に関する…

  3. 映画・写真・音楽

    裏窓

    ヒッチコックの『裏窓』、Rear Window (1954) を観た…

  4. 映画・写真・音楽

    CUBE

    巨大な牢獄のような空間に放り込まれた人々という特異な状況設定から物語は…

  5. 映画・写真・音楽

    『シッピング・ニュース』

    幼いときに、父親にある種の虐待を受け、トラウマを抱え、成人しても自分に…

  6. 映画・写真・音楽

    『まあだだよ』

    黒澤明監督作品『まあだだよ』を見た。実在の作家、内田 百間(うちだ・ひ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    Benito Cereno
  2. ストーリー思考

    ストーリーを発見・発掘する方法
  3. イギリス大学院留学

    楽しそうに働く、楽しく働く
  4. 日記

    社会保険事務所へ
  5. 読書と出版

    近刊予定の共著について
PAGE TOP