日々の記録

  1. 限定されたレシピに熱中

    いくぶん前にナンを作る、というタイトルで、ナンづくりに挑戦し始めたと言うことを書いた。あれから何度か作っている。大きく分けて、味の強いナンと一般のインド料理屋で…

  2. ナンを作る

     このセメスターはGuided Readingという、自分が読んだ本について指導教授とマンツーマンで話し合う授業を履修している関係でリーディングの量がぐんと増え…

  3. 一時帰国

    一月の最終週(1/23~1/31)、更新が滞りました。というのは、日本に就職活動のため、一時帰国していたのです。また、同時に歯医者や健康診断なども行ってきました…

  4. 一時避難、そして別れ

    ホテルで朝食を取ってから、ローマへ発つ彼女を見送るためヒースロー空港へ。チェックインを済ませた後、本屋でイギリスの地図を見ていると店員がやってきて非常事態のよう…

  5. WEST ENDでミュージカル

    午前中にフラットを出る。うちの奥さんのスーツケースの色はショッピング・ピンクである。大の男が運ぶのをためらわせる色だ。もし、今度新しいスーツケースを買うことがあ…

  6. 粋なはからい

    7時になって約束通り、スポンサーであるロータリー財団のカウンセラーDavidがフラットまで車で迎えに来てくれる。うちの奥さんを助手席に乗せ、僕は後部座席に。バー…

  7. 春学期開始

    バーミンガム大学は本日より春学期が開始。とはいえ一週目は、ファースト・ミーティングに出席しつつ、授業スケジュールの調整というのがアメリカン・スタディーズの場合…

  8. バーミンガム発祥の料理、バルチの夕べ

    お昼はFish&Chips昼食は、奥さんがたまたまが食べたことがないというので安上がりにFish&Chips(前にバンクーバ…

  9. バーミンガム中心部を観光

    天気はといえば、風が強く、時々雨がぱらついた。体感温度はかなり低い。運河沿いを歩きながら簡単に観光。高級ショッピング・モールのthe Mail Boxをさらり…

  10. 運河沿いを線路が走る

      午前中より電車に乗ってバーミンガムのシティー・センターへ。昨晩は日が落ちてしまっていたため、見ることのできなかった線路沿いに走る運河を彼女は目にすることがで…

  11. 到着

    バーミンガムを僕の奥さんが初めて訪れる。彼女を出迎えるためにバーミンガムDigbeth Bus Station 11時半発のコーチにてヒースロー空港へ。彼女の…

  12. トム・クルーズ、武士道を語る

    テレビをつけるとトム・クルーズがなんと武士道を日本語混じりで語っていてちょっと驚かされた。新渡戸稲造の『武士道』はアメリカにおける日本文化のクラシックの一つ…

  13. 年頭のご挨拶

    あけましておめでとうございます。日本に遅れること9時間、イギリスでも年が明けました。もちろん、こちらが世界標準時なので日本がその先を行っているわけですが。 また…

  14. 一年を簡単に振り返る

    最近、朝方だけ雪が降って、昼間には消えてしまう。写真はフラットの部屋の窓からの写真。クリックして拡大してみると、雪が降っている様子が見えるかもしれない。…

  15. クリスマス前は危険?

    クリスマスを過ぎると、商品の値段が下がるというのはたぶん日本でも同じだろう。ちょっと前に、大学の知り合いから何か買うものがあるならクリスマス過ぎに買い物に行っ…

  16. 半信半疑

    先日買った雑誌か何かにはさまっていたのだろうと思うが、スクラッチ・カードを部屋の片隅で見つけた。Lucky Turkyキャンペーンうんぬんで、七面鳥の数が多け…

フォローして更新情報を取得



follow us in feedly
  1. 読書と出版

    誰かをサプライズさせたくなる本
  2. イギリス大学院留学

    National Exhibition Centre
  3. 日記

    朝型生活、再開
  4. 研究

    Amistad関連のメモ
  5. ストーリー思考

    ビジネス書が苦手な人に!楽しみながら学べるストーリー仕立てのおすすめビジネス書1…
PAGE TOP