イギリス大学院留学

到着

nationalexpress.JPG
バーミンガムを僕の奥さんが初めて訪れる。彼女を出迎えるためにバーミンガムDigbeth Bus Station 11時半発のコーチにてヒースロー空港へ。彼女のBritish Airways006便はは30分ほど予定より早めに空港には到着。それから30分後、彼女は到着口に姿を現した。彼女と一緒にコーチにて再びバーミンガムへ。この時期のイギリスの日は短く、コーチが出発した五時には辺りは真っ暗になっていた。
    Birmngham New street駅から、電車で最寄りのSelly Oak駅へ。そして、僕の滞在先のJarratt Hallへ。
お知らせ:
実際の文章のエントリーは遅くなると思いますが、彼女の滞在中に撮影した写真をPHOTO BLOGに追加しました。近日中、さらに追加していく予定です。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    クリスマス前は危険?

    クリスマスを過ぎると、商品の値段が下がるというのはたぶん日本でも同じだ…

  2. イギリス大学院留学

    Queerについて学習中

    授業に関連してqueer関係の文献や記事を読んだり、ネットで関連情報…

  3. イギリス大学院留学

    バーミンガム中心部を観光

    天気はといえば、風が強く、時々雨がぱらついた。体感温度はかなり低い。運…

  4. イギリス大学院留学

    バーミンガム発祥の料理、バルチの夕べ

    お昼はFish&Chips昼食は、奥さんが…

  5. イギリス大学院留学

    プレゼン準備

     現在、ウッディ・アレンのアニー・ホールに関するプレゼンテーションの準…

  6. イギリス大学院留学

    失敗

    大学から帰宅後、フラットのキッチンで小麦粉まみれになって薄いナンの原型…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. コミュニケーション

    カリスマたちは比喩の達人
  2. 読書と出版

    雑誌「THE BIG ISSUE」を知っていますか?
  3. 研究

    意志決定者と遂行者の乖離
  4. 日記

    ありがたくない流行
  5. デザイン

    あえて不親切に情報を提示する戦略
PAGE TOP