イギリス大学院留学

ナンを作る

nanns.JPG

 このセメスターはGuided Readingという、自分が読んだ本について指導教授とマンツーマンで話し合う授業を履修している関係でリーディングの量がぐんと増えた。
 
 本の中から数章読みなさい、というものではなくて、次回会うときまでに指定された本をまるまる読んで議論ができるように準備しておく必要がある。僕の研究上の興味に沿った形で、プランを組んでくれているのでありがたいのだが、他のクラスのリーディングやフィルム・ビューイングとの時間的なバランスを取るのに骨が折れる。
 最近、そういった時間の隙間をぬって料理をすることが一つの息抜きと化している。先日、ナン(インド料理のパン)の作り方をフラット・メイトのNaveedに教わった(彼は、以前のエントリー「エスニック料理の楽しみ」他に登場)。前回は手取り足取り教えてもらったので、今回は最初から自力で作ってみた。


 カレーパウダーや塩を入れて簡単な味付けをしようと思っていたのだが、小麦粉をこね始めると味付けのことなどそっちのけになってしまった。そんなわけで、グリルに入れる前にカレー・パウダーをまぶしただけにとどまった。形はかなりいびつだが、とりあえずは食べられるものができた。
 手順が体にしみこむまで、これから何度も作る必要がある。生地の厚さの調整や、練り方、形の作り方など、凝り出せばそれなりに奥が深いかもしれない。基本材料は小麦粉と牛乳(もしくは水)だけなのだけれど。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    限定されたレシピに熱中

    いくぶん前にナンを作る、というタイトルで、ナンづくりに挑戦し始めたと言…

  2. イギリス大学院留学

    最寄り駅

    大学の時計塔からほどないところに鉄道の駅があります。なんのひねりもあり…

  3. イギリス大学院留学

    半信半疑

    先日買った雑誌か何かにはさまっていたのだろうと思うが、スクラッチ・カー…

  4. イギリス大学院留学

    JOHNNY ENGLISHを目指して

    月曜日でしたが、授業を担当している教授がニューヨークに出張しているので…

  5. イギリス大学院留学

    Siemens A50

    イギリスにいる期間は長くて一年なので携帯電話を購入する…

  6. イギリス大学院留学

    orkut+skype

    orkut。招待してもらえないと参加できないサービスということだったの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    江古田文学 68号
  2. 日記

    江戸ワンダーランド 日光江戸村 2016 【1/3】 変身処での衣装替え
  3. ブログ

    ブログの非公開設定
  4. 教育

    文芸特殊研究1(第二回)
  5. 日記

    自らのマインドセットのガラパゴス化にささやかな抵抗
PAGE TOP