イギリス大学院留学

バーミンガム中心部を観光

city_canal.JPG天気はといえば、風が強く、時々雨がぱらついた。体感温度はかなり低い。運河沿いを歩きながら簡単に観光。
高級ショッピング・モールのthe Mail Boxをさらりと通過した後、National Sea Life Centerへ。こぢんまりした水族館だが、巨大なウミガメや生きているカブトガニなどが印象に残った。カブトガニの足はいったいいくつあるのだろう。かなりの数が甲羅の下で蠢いていたが、ちょっと想像がつかない。


それからIcon Galleryという現代美術に強い美術館へ。わりと肩の凝らない内容の展示が多い。日本関係では、折り紙アートや盆栽の展示なども。折り紙アーティストの場合はクレジットが”folded by 誰々”という表示になっていた。
その後、ICC(International Convention Center)を通過し、シンフォニー・ホールやthe REP theatreを横目に市議会の建物内の美術館Birmingham Museum & Art Gallery へ。ここは無料だったので、さほど期待していなかったのだが、200平方メートルほどの展示スペースが4階分あった。展示も多岐に渡っていて、西洋美術史によく出てくる大家かのものから、ビザンチン・エジプト・アフリカ文明などのものまで多様性に富んでいた。かつて植民地化していた国々のコレクションは、これでもか、というほど豊富にあり、さすが過去の帝国という印象を強くした。彼女の方は、バーミンガムのキッチン風景の時代変遷に関する展示が興味を引いたようだ。美術館の後は、Birmingham New Street沿いの書店で、姪たちへのお土産用の本を購入。

ピックアップ記事

  1. 「こだわり」のストーリー企業、土屋鞄製造所
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  5. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    文献探索

    大学の図書館で学期末エッセイの資料になる本を探す。本の情報自体は、フラ…

  2. イギリス大学院留学

    帰国しました

    約半年という短い英国バーミンガム大学大学院での留学期間を終えて、帰国…

  3. イギリス大学院留学

    ともかく確認

    本日は時計塔の近くで、大学側からの公式の歓迎式典の後、イミグレーション…

  4. イギリス大学院留学

    荷物が届いた

    荷物が届きました。 渡英後、おそらく必要になるだろうというものを二…

  5. イギリス大学院留学

    アメリカ研究科訪問

    午前中は、再び時計塔の近くの建物の荘厳な会場、その名もGreat Ha…

  6. イギリス大学院留学

    Market Harborough、イギリスの大学制度について質問

    朝、起きてjohnと一緒に犬のCharlieの散歩に出かける。小さな湖…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    ドミニカ共和国 公使参事官と打ち合わせ
  2. 日記

    気を抜けない
  3. ストーリー思考

    ハッピーエンドを鮮明にイメージしてワクワクしながら仕事に取り組もう!
  4. 読書と出版

    [新訳]経験経済
  5. お役立ちサイト/サービス

    ピクトグラム素材を無料で入手できるサイト まとめ
PAGE TOP