研究

  1. 現在進行形のメディア状況

    イラク国民の捕虜の一部が虐待にあっていたことを示す写真や映像が次々と出てきている。これは、イラク占領の局面において大きなターニング・ポイントになりうるだろう。…

  2. Amistad関連のメモ

    Amistad (metacritic.com)AMISTAD Links sinking ship:STEVEN SPIELBERG WEIGHS D…

  3. Clockersに関するメモ

    エッセイでSpike LeeのClockers(1995)を扱おうと思っているのでオン・ライン上のレビューをチェックしている。以下はメモ。 A film re…

  4. サブカルチャーについて考え始める

    バーミンガム大学に提出予定のエッセイとして、Ghettocentric Cinema(この記事を参照)について書こうと思っている。それに関連して、サブカルチャ…

  5. アメリカ史を扱った映画

    歴史をヴィジュアルな物語に置き換えたものは強力に記憶に残るので、後々参照できるようにこのエントリーに少しずつまとめていこうと思う。1492 (1992)イン…

  6. Boys Don’t Cry

     今回の留学で最後の授業内プレゼンテーションに選んだのがこの映画…

  7. The World’s Columbian Exposition

    Norm BolotinとChristine LaingによるThe World's Columbian Exposition: The Chicago Wo…

  8. Ghettocentric Cinema

     二つの映画を立て続けに観た。まずClockers、次にLa haine。この二つの映画は地理的舞台としてスラムやゲットー、登場人物としては黒人その他のマイノリ…

  9. 英語論文の検索

    海外(特にイギリス、アメリカ)の論文って、インターネットで簡単に調べられる(検索できる)のでしょうか??もし、簡単な調べ方や、いい方法があったら教えてください…

  10. ロドニー・キング事件

    1995年のO.J.シンプソンの方は当時、アメリカにいてリアルタイムで情報を追っていたので印象に強く残っている。  しかし、アメリカ文化史おいて重要な事…

  11. Barnor Hesse

    Barnor Hesse、今日まで名前さえ知らなかった。 しかし、Relocating Postcolonialism 所収の"Forgotten Like…

  12. Benito Cereno

    Beyond boundaries:post national narrativesという授業を履修している。久しぶりに文学色が強い内容の授業。ポストコロニアル…

  13. ル・モンド・ディプロマティーク

    基礎の基礎だけは大学で学んだので、フランス語もドイツ語も辞書を引きながらなら読めないことはない。しかし、辞書なしでは完全にお手上げである。『ル・モンド・ディプ…

フォローして更新情報を取得



follow us in feedly
  1. 読書と出版

    『下流社会』
  2. 読書と出版

    近刊予定の共著について
  3. 読書と出版

    『週末ライターで稼ぐ』
  4. ストーリー思考

    WebマガジンCAZANAで連載スタートしました!
  5. 研究

    ロゴライゼーション
PAGE TOP