研究

サブカルチャーについて考え始める

what_is_subculture.jpgバーミンガム大学に提出予定のエッセイとして、Ghettocentric Cinema(この記事を参照)について書こうと思っている。
それに関連して、サブカルチャーについて調べ始めている。なぜなら、Spike LeeのDo the Right Thingなどに代表される黒人映画にダイナミックなエネルギーを注入している要素を総合的に考えるとヒップ・ホップ・ミュージック、ダンス、ドラッグなどに代表されるサブカルチャーに行き着くと考えたからだ。
とはいえ、これまでそれほど問題意識を強く持ってこなかった対象なのでひとまず全体像をつかんでおくことから始めたいと思った。


 吉見俊哉著『カルチュラル・スタディーズ』(岩波書店、2000年)の中でサブカルチャー研究の大雑把な歴史的経緯や問題意識の変遷が取り上げられていたのは記憶にあった。この本の「Ⅱ.文化を読みなおす 第一章 サブカルチュラルなアイデンティティ」で論じられていた内容を整理と復習をかねてマインド・マップにしてみた。
マインド・マップ 「サブカルチャーとは何か?」
さらにamazon.co.jpにてCraig S. Watkinsの”Representing: Hip Hop Culture and the Production of Black Cinema“と映画Boyz N the HoodClockersのDVDを2本注文。
少しずつエッセイに取り組むペースを上げていきたいところだ。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 研究

    『ヴィジュアル・カルチャー入門』

    ジョン・A. ウォーカーほか著『ヴィジュアル・カルチャー入門』(岸 …

  2. 研究

    Clockersに関するメモ

    エッセイでSpike LeeのClockers(1995)を扱おうと思…

  3. 研究

    chronicle/spectrum

    1893年にアメリカで開かれたシカゴ博覧会について調べている。バーミン…

  4. 研究

    ポストコロニアリズム

     これは岩波書店の「一冊でわかる」シリーズの中の一冊だが、入門的な概説…

  5. 研究

    サイード死去

    asahi.com : 社会 米コロンビア大学教授(比較文学)…

  6. 研究

    現在進行形のメディア状況

    イラク国民の捕虜の一部が虐待にあっていたことを示す写真や映像が次々と出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    なぜ比較サイトの成約率は群を抜いているのか?
  2. 運営者情報

    Web制作実績
  3. ライフハック

    RSSリーダーのススメ
  4. ストーリー思考

    謎と意外性
  5. 読書と出版

    読書を通して得た「なるほど」を実践できていますか?
PAGE TOP