研究

サブカルチャーについて考え始める

what_is_subculture.jpgバーミンガム大学に提出予定のエッセイとして、Ghettocentric Cinema(この記事を参照)について書こうと思っている。
それに関連して、サブカルチャーについて調べ始めている。なぜなら、Spike LeeのDo the Right Thingなどに代表される黒人映画にダイナミックなエネルギーを注入している要素を総合的に考えるとヒップ・ホップ・ミュージック、ダンス、ドラッグなどに代表されるサブカルチャーに行き着くと考えたからだ。
とはいえ、これまでそれほど問題意識を強く持ってこなかった対象なのでひとまず全体像をつかんでおくことから始めたいと思った。


 吉見俊哉著『カルチュラル・スタディーズ』(岩波書店、2000年)の中でサブカルチャー研究の大雑把な歴史的経緯や問題意識の変遷が取り上げられていたのは記憶にあった。この本の「Ⅱ.文化を読みなおす 第一章 サブカルチュラルなアイデンティティ」で論じられていた内容を整理と復習をかねてマインド・マップにしてみた。
マインド・マップ 「サブカルチャーとは何か?」
さらにamazon.co.jpにてCraig S. Watkinsの”Representing: Hip Hop Culture and the Production of Black Cinema“と映画Boyz N the HoodClockersのDVDを2本注文。
少しずつエッセイに取り組むペースを上げていきたいところだ。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 研究

    波多野哲朗先生の講演

    第17回 日本大学芸術研究会では映画評論家の波多野哲朗先生に講演をお…

  2. 研究

    ル・モンド・ディプロマティーク

    基礎の基礎だけは大学で学んだので、フランス語もドイツ語も辞書を引きなが…

  3. 研究

    エノラ・ゲイの完全復元作業終了

    Yahoo!ニュース - 海外 - 共同通信米スミソニアン航空宇…

  4. 研究

    Boys Don’t Cry

     今回の留学で最後の授業内プレゼンテーションに選んだのがこの映画…

  5. 研究

    Ghettocentric Cinema

     二つの映画を立て続けに観た。まずClockers、次にLa hain…

  6. 研究

    Queer Studiesの基礎(歴史編)

    同性愛者の存在が近代になって認知されたのは1869年で、スイス人医師K…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    2012年もよろしくお願いいたします。 
  2. ストーリー思考

    今ここにあるマイナスをプラスに転化するストーリー思考 
  3. 日記

    母校の名前が
  4. 文章術

    伝えるべきことをワン・メッセージに凝縮しておくことの効果
  5. デザイン

    肝心なのはメディア・ニュートラルの姿勢
PAGE TOP