Clockersに関するメモ

エッセイでSpike LeeのClockers(1995)を扱おうと思っているのでオン・ライン上のレビューをチェックしている。以下はメモ。

 A film review by Christopher Null
■After the first 2 minutes of Clockers, during which a parade of bloody crime scene photos are splashed on the screen, you’ll be ready to put down your popcorn.

 Review by Andrew Hicks
■Strike is a clocker. No, he doesn’t manufacture timepieces, he does something infinitely more illegal, selling crack. (It’s a shame people throw their lives away raising money for their crack addiction when they can get it free by watching “NYPD Blue.” One of life’s better-kept secrets, I guess.).
■ Keitel and John Turturro, who is mostly kept in the background as Keitel’s partner, are the token white guys in the movie.

関連記事

  1. アメリカ史を扱った映画

  2. ル・モンド・ディプロマティーク

  3. Trinh T. Minh-ha

  4. Cultural Typhoon(Day 2)

  5. Benito Cereno

  6. 豪の映画関係者FTAに反発

  7. ジャック・デリダ死去

  8. 新カテゴリーThe WCE Project

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ