研究

Clockersに関するメモ

エッセイでSpike LeeのClockers(1995)を扱おうと思っているのでオン・ライン上のレビューをチェックしている。以下はメモ。

 A film review by Christopher Null
■After the first 2 minutes of Clockers, during which a parade of bloody crime scene photos are splashed on the screen, you’ll be ready to put down your popcorn.

 Review by Andrew Hicks
■Strike is a clocker. No, he doesn’t manufacture timepieces, he does something infinitely more illegal, selling crack. (It’s a shame people throw their lives away raising money for their crack addiction when they can get it free by watching “NYPD Blue.” One of life’s better-kept secrets, I guess.).
■ Keitel and John Turturro, who is mostly kept in the background as Keitel’s partner, are the token white guys in the movie.

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 研究

    The World’s Columbian Exposition

    Norm BolotinとChristine LaingによるThe…

  2. 研究

    ポストコロニアリズム

     これは岩波書店の「一冊でわかる」シリーズの中の一冊だが、入門的な概説…

  3. 研究

    ル・モンド・ディプロマティーク

    基礎の基礎だけは大学で学んだので、フランス語もドイツ語も辞書を引きなが…

  4. 研究

    albumen prints

    写真の歴史関係の資料を読んでいて見慣れない言葉、albumen pr…

  5. 研究

    Benito Cereno

    Beyond boundaries:post national nar…

  6. 研究

    アメリカ史を扱った映画

    歴史をヴィジュアルな物語に置き換えたものは強力に記憶に残るので、後々参…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ストーリー活用事例

    「シルク・ド・ソレイユ型会社案内」のススメ
  2. 健康

    バックジョイ(backjoy)の効果は予想以上!10年以上悩まされていた腰痛から…
  3. ライフハック

    いつでも「ちょっとした冒険」に出られるよう準備しておきたい
  4. 日記

    『ゲーミフィケーション』著者 井上明人氏にお会いしました
  5. ストーリー思考

    日常のコミュニケーションにストーリーを!
PAGE TOP