The World’s Columbian Exposition

The World's Columbian Exposition Norm BolotinとChristine LaingによるThe World’s Columbian Exposition: The Chicago World’s Fair of 1893を読んだ。
写真がふんだんに使ってあり、ヴィジュアルにシカゴ博の一連の流れが把握できる。タイトルが一般的すぎて、手にとってみないとわからないタイプの本なので、大学の図書館で借りて内容を確認できてよかったと思う。
エントリー内のマインド・マップはクリックによって、読むことができる程度まで拡大可能。ただ、ちょっとコツがいるかもしれない。

関連記事

  1. 二つの研究発表を終えて

  2. サイバーでクールなカタカナ

  3. Queer Studiesの基礎(歴史編)

  4. 米大学で「白人学」相次ぐ開設

  5. The Harlem Renaissance

  6. 「複製技術の時代における…」

  7. 『動物化するポストモダン』

  8. 映画と精神分析は同級生

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ