日記

 Androidスマホ用 音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」で実際に音楽データを取り込んでみました!

はじめに

こちらでお伝えしたように、ブログスカウト事務局さんの企画で「CDレコ」のモニターをさせてもらえることになりました。

Androidスマホ向け音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」株式会社アイ・オー・データ機器

20140506CDreko001

今回、テスト的に僕のCDのコレクションの中からThe PoliceのアルバムSynchronisity収録曲全体とChris Isaakのアルバムの中からsomebody’s cryingだけを手持ちのスマートフォンに取り込んでみようと思います。

20140506CDreko003

SynchronisityはPoliceの傑作アルバム。大ヒット作Every breath you take(邦題「見つめていたい」)が収録されています。

20140506CDreko004

Chris Isaakのsomebody’s cryingは1995年のサン・ディエゴ留学時代、よく流れていた曲で、僕にとっては懐メロになります。

[adsense]

取り込み開始

まずは、CDレコとスマホを接続。

20140506CDreko005

スマートフォンの下に見えるのが「CDレコ」本体です。

次に、SynchronisityをCDケースから取り出し、「CDレコ」にセットします。

20140506CDreko006

CDを「CDレコ」にセットするとスマホの方に曲情報が自動的に表示されました。

アルバムまるごとの取り込みなので、全曲にチェックを入れたまま開始ボタンを押します。すぐに取り込みがスタート。

アルバム一枚分取り込み終えるまでに所要時間は4分ほどでしょうか。なかなか早い気がします。

今度はピンポイントで一曲Chris IsaakのSomebody’s Cryingを取り込みます。

20140506CDreko007

1曲だけということもあり、こちらは1分もかかりませんでした!

20140506CDreko008

念のため、取り込まれているか、チェックしてみます。「CDレコ」との接続を解除し、普段利用している音楽アプリWINANPで曲を検索し再生してみると……確かに聴くことができました!ミッション・コンプリートです。

 おわりに

確かにPCを経由せずにスマホに直接音楽データを転送・取り込みができるのは便利です。CDラックに飾ってあるだけになっている曲やアルバムがたくさんあるので、CDレコを使用して取り込んでいこうと思います!

20140506CDreko002

特に、音楽CDコレクションをたくさん持っているにもかかわらず、取り込み作業の労力や時間を考えると、腰が重くなってしまっていて……というひとにオススメできるガジェットです。

 

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 日記

    東北地方太平洋沖地震発生当日の動静

    地震があった瞬間、東京・霞ヶ関のクライアントのビル9階で、来週のイベン…

  2. 健康

    バックジョイ(backjoy)の効果は予想以上!10年以上悩まされていた腰痛から解放されました

    10年以上悩まされてきた腰痛実は学生時代から腰痛に悩まされていて、…

  3. 日記

    東京スカイツリー、お茶の水から

    先日、お茶の水のクライアントのオフィスでの打ち合わせを終え、地下鉄の駅…

  4. 日記

    初詣の娘の言葉

    今年は、バタバタしていて初詣に家族で行く時間がとれませんでした。そこ…

  5. 日記

    アナログな万年筆の手書き文字に癒される

    高校生の一時期、大人ぶって、いわゆる高級万年筆を使っていました。 p…

  6. 日記

    2013年もよろしくお願いいたします

    旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくおつき合いいただ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 映画・写真・音楽

    I’m ready to shoot
  2. 日記

    2016年を振り返って
  3. イギリス大学院留学

    エスニック料理の楽しみ
  4. 研究

    ジャック・デリダ死去
  5. 読書と出版

    『罪なき囚人たち』
PAGE TOP