日記

 Androidスマホ用 音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」で実際に音楽データを取り込んでみました!

はじめに

こちらでお伝えしたように、ブログスカウト事務局さんの企画で「CDレコ」のモニターをさせてもらえることになりました。

Androidスマホ向け音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」株式会社アイ・オー・データ機器

20140506CDreko001

今回、テスト的に僕のCDのコレクションの中からThe PoliceのアルバムSynchronisity収録曲全体とChris Isaakのアルバムの中からsomebody’s cryingだけを手持ちのスマートフォンに取り込んでみようと思います。

20140506CDreko003

SynchronisityはPoliceの傑作アルバム。大ヒット作Every breath you take(邦題「見つめていたい」)が収録されています。

20140506CDreko004

Chris Isaakのsomebody’s cryingは1995年のサン・ディエゴ留学時代、よく流れていた曲で、僕にとっては懐メロになります。

[adsense]

取り込み開始

まずは、CDレコとスマホを接続。

20140506CDreko005

スマートフォンの下に見えるのが「CDレコ」本体です。

次に、SynchronisityをCDケースから取り出し、「CDレコ」にセットします。

20140506CDreko006

CDを「CDレコ」にセットするとスマホの方に曲情報が自動的に表示されました。

アルバムまるごとの取り込みなので、全曲にチェックを入れたまま開始ボタンを押します。すぐに取り込みがスタート。

アルバム一枚分取り込み終えるまでに所要時間は4分ほどでしょうか。なかなか早い気がします。

今度はピンポイントで一曲Chris IsaakのSomebody’s Cryingを取り込みます。

20140506CDreko007

1曲だけということもあり、こちらは1分もかかりませんでした!

20140506CDreko008

念のため、取り込まれているか、チェックしてみます。「CDレコ」との接続を解除し、普段利用している音楽アプリWINANPで曲を検索し再生してみると……確かに聴くことができました!ミッション・コンプリートです。

 おわりに

確かにPCを経由せずにスマホに直接音楽データを転送・取り込みができるのは便利です。CDラックに飾ってあるだけになっている曲やアルバムがたくさんあるので、CDレコを使用して取り込んでいこうと思います!

20140506CDreko002

特に、音楽CDコレクションをたくさん持っているにもかかわらず、取り込み作業の労力や時間を考えると、腰が重くなってしまっていて……というひとにオススメできるガジェットです。

 

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 日記

    文化の日、入間航空祭、サイボクハム

    11月3日、文化の日。 文化の日といえば、1946(昭和21)…

  2. 日記

    ある秋の思い出

     1995年のある秋の日。 その日、私はホームステイ先からサンディ…

  3. 日記

    右脳=芸術脳

    左利きの人間は右脳が発達していて芸術方面に関する才能が豊かであると…

  4. 日記

    【ご注意ください】架空請求詐欺被害に遭いました

    まさか、と思わずにいられませんでしたが、ネット通販詐欺に遭ってしまった…

  5. 日記

    『ゲーミフィケーション』著者 井上明人氏にお会いしました

    突然ですが、最近のWeb業界でかなり話題になっている キーワードに「ゲ…

  6. 日記

    選挙戦略とハーゲンダッツ・アイスクリーム

    高校時代のちょっとしたエピソード高校二年の春のことです。クラスの推薦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    社会保険事務所へ
  2. 読書と出版

    岩井 宏太 『リアルウェブ営業術』
  3. 連載

    【連載 第2回】 AKBとディズニーに共通点!? ストーリーがもたらした驚きの成…
  4. ブログ

    音声ブログ
  5. 日記

    西田幾多郎の言葉
PAGE TOP