イギリス大学院留学

帰国しました

return_home20080921.jpg
約半年という短い英国バーミンガム大学大学院での留学期間を終えて、帰国。ちょうど夜に、NHKでバーミンガムでの都市コミュニティー再生プロジェクトをフィーチャーした番組をやっていたので録画しつつ視聴。
お馴染みのシティー・センターやバーミンガム大学の映像が流れた。まだ懐かしむには早すぎるけれども。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    ナンを作る

     このセメスターはGuided Readingという、自分が読んだ本に…

  2. イギリス大学院留学

    荷物が届いた

    荷物が届きました。 渡英後、おそらく必要になるだろうというものを二…

  3. イギリス大学院留学

    年頭のご挨拶

    あけましておめでとうございます。日本に遅れること9時間、イギリスでも年…

  4. イギリス大学院留学

    mindmanagerでレジュメ作成

     プレゼンテーションの準備として、ブレイン・ストーミングから発表用の…

  5. イギリス大学院留学

    Siemens A50

    イギリスにいる期間は長くて一年なので携帯電話を購入する…

  6. イギリス大学院留学

    エスニック料理の楽しみ

    フラットに入居してからずっと自炊です。僕はグルメ志向とか、味にうるさい…

コメント

    • Tokyo Doll
    • 2004年 3月 31日

    お帰りなさい。
    今回の留学は期間が短かったんですね。
    これでアメリカ・イギリスで留学されたことになりますが、
    両国の目立った違いってありましたか?
    英語の違いはありますよね。
    イギリスでは階級によっても
    発音が違うと聞いたことがあります。
    リスニング力が磨かれたことでしょうね。
    日本の桜に間に合われて良かったです。
    ゆっくりお花見なさってください。
    またこれから研究やお仕事の進行状況の報告、
    楽しみにしています。
    本当にお疲れ様でした。

  1. アメリカとイギリスとの違いは
    いろいろな場面で強く意識しました。
    これはかなり多岐に渡っているので
    せっかくですから
    少しずつこのウェブログにエントリーしていきたいと思います。
    英語の違いもいろいろありました。
    発音から表現まで。
    リスニングに関して可聴範囲は広がったと思いますが、バーミンガム訛りに関しては、自信を持って聞き取れる、とは言えないように思います。
    地域による英語の音や表現の違いはイギリス国内でかなり豊かだという印象を持ちました。
    近くに大きな公園があるので
    今週末は自転車でうちの奥さんと花見に出かける予定です。
    Tokyodollさんも新しいお勉強を始められたようですね。春という季節はやはり何かを始めるにはいい時期だと思います。お互い、方向性は違っても頑張っていきましょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お役立ちサイト/サービス

    デザインに重宝する日本語フリーフォントのまとめ
  2. WEB

    ドリコム「Myclip」サービス開始
  3. 日記

    原稿のヤマ
  4. 読書と出版

    勝間勝代『目立つ力』
  5. マインドマップ

    「鳥の目」 「アリの目」、あなたはどちらのタイプ? 
PAGE TOP