イギリス大学院留学

イギリスの天気

rainbow20080921.jpg
ご多聞に漏れずイギリスの天気はかなり不安定で一日のうちに雨が降ったりやんだりといった感じだった。
 夏場は、基本的に安定していて晴れの日が多い。湿度も低いので快適。冬場はかなり不安定で気が滅入る。また、日照時間が短く一日があっという間に終わってしまうという印象だった(真冬は夕方4時頃に外は真っ暗)。
 2月の終わりの一週間は天気が安定し、気温も上昇したので春が近づいたのかな、と感じた。しかし、その後、気温が再び下がり、天気は不安定に。雪も降ったし、雹も降った。


バーミンガムを後にした三月末に至っても、まだ冬が続いているのかな、といった印象だった。しかし、日が沈むまでの時間は確実に長くなっていった。6月に至っては、夜十時を過ぎても明るいとか。
 イギリスを旅行するなら、夏場を推奨。
 天気に関して、かなり愚痴っぽいことを書いてしまったが、一つ僕なりポジティヴな点を上げるとすると、日本に比べて虹を見る機会が多かった気がする。にわか雨の後の青空をいくぶん注意深く観察すると、虹が見えることが結構あった。また、一度に二つの虹を見るという体験もした。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    Lord Mayor

    夕方から、ロータリークラブのイヴェントで、他の奨学生と一緒にシティー・…

  2. イギリス大学院留学

    春学期開始

    バーミンガム大学は本日より春学期が開始。とはいえ一週目は、ファースト…

  3. イギリス大学院留学

    ナンを作る

     このセメスターはGuided Readingという、自分が読んだ本に…

  4. イギリス大学院留学

    JOHNNY ENGLISHを目指して

    月曜日でしたが、授業を担当している教授がニューヨークに出張しているので…

  5. イギリス大学院留学

    メッセンジャーで天気を確認する習慣

    これはyahoo!Messengerの地域の天気表示画面。メッセンジャ…

  6. イギリス大学院留学

    テレビが到着

      部屋でエッセイに集中していると電話が鳴った。ジョンからだった。「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    例会出席
  2. 教育

    大学の授業のアーカイヴ化
  3. 読書と出版

    岩井 宏太 『リアルウェブ営業術』
  4. 日記

    主夫的生活
  5. ライフハック

    「機械的な挨拶を避ける」ことで共感センスを磨く
PAGE TOP