読書と出版

多摩テック

高校時代の友人と三人で多摩テックに行って来た。多摩テックに行くのは初めて。午前中から行って、人手がかなり少なかったので、いろいろなアトラクションを次から次へと体験した。ただ、完全に子供サイズのものもあって、窮屈なものもけっこうあった。ディズニーランドなんかと違って、配線がむき出しでショートしそうな感じがなんだかリアルである。ちょっとした迫力さえ感じさせる。
ほとんどすべてのアトラクションを制覇した後、園内の温泉に入ってリラックス。その後、新宿まで中央線で戻ってインド料理屋で夕食をとってから別れた。
なんだかんだで、この7月に誕生日を迎える僕も含めて、みんな30歳である。高校一年からのつき合いだから、もう15年になる。時の流れるのは早い。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 読書と出版

    てんつくマン『あんたの神さま』

    もう4・5年前になるでしょうか。テレビのニュースで昔、渋谷の路上詩人の…

  2. 読書と出版

    『ブランド戦国時代』

    イメージ文化を理解する上で、その中核を担っているといっても過言ではない…

  3. 読書と出版

    江古田文学 69号 特集 太宰治 生誕100年記念

    江古田文学 69号が発売となりました。僕の連載、文化考現論も第6…

  4. 読書と出版

    読書にまつわる記憶

     小学校低学年の頃の読書にまつわる記憶とたどってみると.... (…

  5. 読書と出版

    Newnovelist

    知り合いのところにいったときに、なんだか気になるパッケージがあったの…

  6. 読書と出版

    実はスゴ本 初心者のための「人間心理」入門書

    あなたは人間の心理に理解がある方だと思いますか。 (さらに&hell…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. WEB

    使えるフリーソフトたち
  2. 文章術

    文章における「概要」の考え方
  3. 日記

    文芸学科サイトのリニューアル
  4. 日記

    節分
  5. 読書と出版

    クリエイティブ・コモンズの精神を知る -『FREE CULTURE』-
PAGE TOP