コンテンツをSOMするCUT-INの法則

これからの広報・PR・マーケティング分野においてmixi/facebook/twitter/RSSリーダーなどのソーシャルメディアは重要性をどんどん増してきます。
20100628buzzmarketing.jpg
特に、ソーシャルメディアでバズ(クチコミ)を起こすことに成功すれば、まったく費用をかけないで(つまり無料で)多くの人々にリーチすること可能となるのです!
そうしたバズを生むコンテンツを発信するためのフレームワークが紹介されていました。
知りたくありませんか?


もったいぶる必要はないですね。早速あなたとシェアしたいと思います。
それは『CUT-INの法則』というもの。
それぞれ見ていきましょう。
●「C」=Catcchy(奇抜性) タイトルや見出しに訴求力があること
●「U」=Useful(有益性) その情報によってユーザーがメリットを得られること
●「T」=Trendy(話題性) 流行のキーワードに合わせた情報発信のタイミング
●「I」=Interresting(面白さ) 内容の面白さ。興味をひく演出
●「N」=New(目新しさ) 単なるニュースではなく、ユーザーが知らない、気付いていない物事を知らせる
こうしたフレームワークを軸にした情報発信を行うことで、コンテンツに対するSOM(Social Media Optimization ソーシャルメディア最適化)を実践してみてはいかがでしょうか。
あなたもバズ(クチコミ)を生み出すことができるかもしれません。
あなたの記事がYahooトピックスに取り上げられる……なんてこともあるかもしれません。
仕事でも趣味でも情報発信を行っているあなたは、ぜひこのフレームワークを活用してみて下さい!

関連記事

  1. モノを売りたいなら、まず人を見せなさい!

  2. 記憶をめぐる「3の法則」をマーケティングに応用すると…&#…

  3. 五感は優秀なセールスマン

  4. なぜ比較サイトの成約率は群を抜いているのか?

  5. 「ワクワク系マーケティング」本の決定版!

  6. 売ることと買うのを手伝うことは全く違う別のこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ