ストーリー思考

なぜ私たちは勧善懲悪の世界に飽きないのか?

ストーリーの世界に勧善懲悪はつきものです。


 

good_and_bad.png
 

実際、ストーリーには、ものごとの善悪、重要か無意味か、安全もしくは危険か、誰が敵で味方なのかということを整理してみせる機能があります。
 

たとえば、水戸黄門。ご老公ご一行以外には、物語のはじめのうち、誰が善人で誰が悪人かははっきりしません。

しかし、クライマックスを迎えたころには、白黒ははっきりしています。
物語は登場人物の関係性を交通整理する役割を持っているわけです。
ところで、なぜこのような勧善懲悪の筋書きに私たちは魅了され、それに飽きないのでしょうか。

おそらく、この種のわかりやすい筋書きに遭遇することが私たちの現実の生活の中では少ないからだと思います。

20100322complicated.png

実際、社会は複雑化しています。
 
白黒がはっきりしない状況も増えています。

 
それゆえ、善悪のはっきりとした対立を見ることは少なくなっている気がします。 
 

そうした複雑な現実を単純なフィクションで埋め合わせする必要はむしろ増えているもしれません。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. ストーリー思考

    あるラーメン屋に立ち寄ったときのこと

    はじめに今回は、私が仕事帰りにふと目にとまった小さなラーメ…

  2. ストーリー思考

    アクションしてもらうには頭ではなく○にはたらきかける

    私たちはまわりの人間を巻き込み、アクションしてもらう必要がある場面に時…

  3. ストーリー思考

    シュガーコーティング・メソッド:相手に配慮した伝え方をする工夫

    考えをそのまま言葉にして相手に伝えて、うまくいく場合とそうでない場合が…

  4. ストーリー思考

    ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

    意識的に私が探し、購入しているのがストーリー仕立てになっているオーディ…

  5. ストーリー思考

    今ここにあるマイナスをプラスに転化するストーリー思考 

     「こんな目に遭うなんて、ついてないよな......」あなたには、…

  6. ストーリー思考

    CAZANA連載 第3回記事が公開!

    WEBマガジンCAZANAで4月から連載をスタートし、その第3回記事が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    「ワクワク系マーケティング」本の決定版!
  2. English/英語

    Can’t Find it
  3. 研究

    米大学で「白人学」相次ぐ開設
  4. イギリス大学院留学

    荷物が届いた
  5. マーケティング

    五感は優秀なセールスマン
PAGE TOP