なぜ私たちは勧善懲悪の世界に飽きないのか?

ストーリーの世界に勧善懲悪はつきものです。


 

good_and_bad.png
 

実際、ストーリーには、ものごとの善悪、重要か無意味か、安全もしくは危険か、誰が敵で味方なのかということを整理してみせる機能があります。
 

たとえば、水戸黄門。ご老公ご一行以外には、物語のはじめのうち、誰が善人で誰が悪人かははっきりしません。

しかし、クライマックスを迎えたころには、白黒ははっきりしています。
物語は登場人物の関係性を交通整理する役割を持っているわけです。
ところで、なぜこのような勧善懲悪の筋書きに私たちは魅了され、それに飽きないのでしょうか。

おそらく、この種のわかりやすい筋書きに遭遇することが私たちの現実の生活の中では少ないからだと思います。

20100322complicated.png

実際、社会は複雑化しています。
 
白黒がはっきりしない状況も増えています。

 
それゆえ、善悪のはっきりとした対立を見ることは少なくなっている気がします。 
 

そうした複雑な現実を単純なフィクションで埋め合わせする必要はむしろ増えているもしれません。

関連記事

  1. ワークショップ「マインドマップとストーリー思考のススメ」無事終了のご報…

  2. 『ストーリーとしての競争戦略』オーディオブックを購入

  3. その日をラベリングする見出しをつけてみる

  4. 「面白いストーリーが書きたい!」そんなあなたに役立つ厳選5記事

  5. 私が経験したゲリラマーケティング

  6. 正しいだけでは目標の半分までしか到達できない

  7. 神戸芸術工科大学大学院「マインドマップとストーリー思考のススメ」ワーク…

  8. シュガーコーティング・メソッド:相手に配慮した伝え方をする工夫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ