読書と出版

てんつくマン『あんたの神さま』

もう4・5年前になるでしょうか。テレビのニュースで昔、渋谷の路上詩人の存在を知りました。

路上詩人はこんな看板を掲げている。

「あなたを見て、インスピレーションで言葉を書きます」

それで、けっこう人気が出ている。ある種の癒し系の商売?というようなニュース内でのとりあげられかたでした。

この本、その路上詩人・本人が執筆したもの。

LINK

彼は、もともと山崎邦正とコンビを組んでいた吉本の芸人さんだったそう。

WEBてんつく

映画監督を目刺し、芸人を辞めた後、そうやって映画の資金集めをしていた。

さらに今は、映画撮影だけでなく、アジアの国々で植林活動を行っている。

そんな予測不可能な人生劇とユニークなエピソードがこの本にはあふれています。

一見、行き当たりばったりや思いつきに思えるような行動。

どちらかといえば行動した後に自分の中で丁寧に頭の中で整理し、意味づけしています。

ただ、その洞察がなかなか深く、ところどころ「なるほど!」とポンと膝をたたきたくなるポイントがありました。

とりわけ、この著者がさまざまな形でメッセージとして発している「自分の身に起こったことはすべて正しい、最善」だという考え方。

私もそれを最近ますます共感・実感するようになっていて、この著者による別の角度からそこを再確認できただけでも読んでよかったな、という思いを強くした本です。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 読書と出版

    中原中也賞

    こちらは最近話題になったらしい、若い芥川賞受賞者との関連でエントリーさ…

  2. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    読書と出版

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

      この本の著者はミスター「オサイフケータイ」として海外でも評価が高い…

  3. 読書と出版

    パオロ・マッツァリーノ著『つっこみ力』

    パオロ・マッツァリーノ『つっこみ力』を読んだ。メディア・リテラシーの批…

  4. 読書と出版

    大きな結果をもたらす小さな原因にはどんなものがあるのか?

     あなたは社会を自分の手で大きく変えてみたい、と思ったり、願った…

  5. 読書と出版

    「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!

    webサイトのデザインでも雑誌の編集に関しても、色というのは重要な…

  6. 読書と出版

    報道写真と対外宣伝

    報道写真と対外宣伝―15年戦争期の写真界posted with ama…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    誇張報道
  2. 研究

    消費主義とスペクタクル
  3. English/英語

    2015年を振り返って
  4. 日記

    新しい職場での仕事をスタート
  5. イギリス大学院留学

    荷物が届いた
PAGE TOP