大きな挑戦ストーリーを語ることで周囲を動かす

 無謀と思われるような大きな挑戦のストーリーやヴィジョンを語ること、それにより周囲の人々や時には歴史を動かすことさえ可能になります。

 よく知られているのはマーチン・ルーサーキング牧師の演説におけるストーリーでありヴィジョンですね。

 南部を中心に人種隔離政策が行われていたアメリカにおいて、次のようなストーリーを語りました。

「憎しみやいがみ合いなく白人と黒人が食卓を一緒に囲み、手と手を取り合う、そんな夢を私は持っています」

 こうしたヴィジョンへの共感の波がアメリカを動かしました。

 ジョン・F・ケネディも演説の中で「アメリカは宇宙船で月に行くことを目指す」と当時としては途方もないストーリーをアメリカ国民に向かって語りました。

 この無謀とも思えたビジョンも今や実現しています。

 無謀とそしられようが、大きなストーリーやビジョンを打ち立て、それに挑戦することで、共感、賛同して手伝ってくれる人が現れてくる。

 あなたも高邁な理想や大きなチャレンジ目標があるなら、勇気を出してそれを一つのストーリーやヴィジョンとしてを周囲の人々に語ってみませんか。

 そうすることにより自分だけではとうてい達成できないことも、周囲の協力を得ながら、夢実現へのプロセスが加速していく、そうした経験ができるかもしれません。

関連記事

  1. CAZANA連載 第3回記事が公開!

  2. 短い時間に複数のストーリーが凝縮されたロンドンパラリンピックのTV-C…

  3. WebマガジンCAZANAで連載スタートしました!

  4. ストーリーに深みを持たせるには?

  5. ダメ出しされました

  6. Whyからはじめよ! 「ビジョンのシェア」が本当のゴール

  7. ミニ・ストーリーでコミュニケーションをスムーズに!

  8. 『ストーリーとしての競争戦略』オーディオブックを購入

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ