ストーリー思考

謎と意外性

はじめに

 あなたが物語の力を「ここぞ」という場面で有効に使いたいなら、物語の持つ魅力について知っておく必要があります。

 特に、どんな物語に人は惹きつけられるのか、そのことを理解しておくことは重要です。とりわけ、あなたが他人を惹きつける魅力的な物語を語りたいと望むなら。


物語分析のトレーニング方法

 しかしながら、物語分析のトレーニングを毎日時間をとって行う必要はありません。
 海外から現在も注目を集めているゲームプロデューサーの水口哲也氏も言っていましたが、日常生活の中の自分の心の動き、特に自分が心を動かされた場面を観察し、記憶もしくは記録していけばいいのです。
 
 その材料はなんでもかまいません。ニュースやドキュメンタリー、映画、なんでもありです。
 
20世紀少年

 私の場合、最近見た映画に『20世紀少年』があります。漫画の原作は読まずに、いきなり映画を見ました。それでも、すごく引きこまれました。

20100121surprise.png

 その理由について考えてみると、「謎と意外性」がその鍵を握っているという結論に達しました。

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) (2009-01-30)
売り上げランキング: 7327

 『20世紀少年』の謎は、人類滅亡をたくらむ悪の指導者「ともだち」は何者かという点に尽きます。  
 
 また意外性もふんだんに盛りこまれています。

 人類滅亡をストップしようとする救世主のリーダーがコンビニ店員「ケンジ」だったり、「ともだち」の地球滅亡計画が「ケンジ」が描いた子供時代の予言の書に準じていることなど。

HEROES

 たった今ふと気づいたのですが、人気海外ドラマ『HEROES』の設定もすごく似ています。
(私は一昨年からこの『HEROES』と『グレイズ・アナトミー』にハマって継続的にケーブルテレビで視聴しています)

 謎の人物による人類滅亡計画、それを阻止するキーマンになるのは日本人のオタク会社員ナカムラ・ヒロ。

HEROES シーズン1 DVD-SET 1
 
 根強い人気を誇る推理小説の面白さも、この「謎」と「意外性」が鍵となっているはずです。

 謎で惹きつけられ、その謎の解が予想外、意外性のあるものだったりすると読者は「やられた!」と思います。
 しかし、その感覚はきわめて心地よい「やられた!」であり、快感なのです。

おわりに

 物語コミュニケーションを実践していく上で、小説や映画のシナリオのような複雑でスケールの大きなストーリーを一から作りだす必要はありません。

 必要なのは、ちょっとした物語でいいのです。その中に、わずかでもいいから謎や意外性が含まれていれば、さらにいい。

あなたが語ろうとしている物語に謎と意外性はあるでしょうか?

もしくは謎と意外性が盛りこまれていたとして、それを受け手に感じてもらえるような話の流れになっていますか? 

一度、チェックしてみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. ストーリー思考

    生活者を消費ステージに呼びこむストーリーのチカラ

    ストーリーが人の消費行動に大きな影響力を持つことがあります。 (さらに…

  2. ストーリー思考

    私が経験したゲリラマーケティング

    「号外! 号外! 号外!」11月21日(火)の夕方、日が落ちて…

  3. ストーリー思考

    その日をラベリングする見出しをつけてみる

     はじめに人生において、充実や満足を得るには何が大切なのでしょうか。…

  4. ストーリー思考

    ストーリーでプロジェクト推進力をアップ

    先日、少し動きが遅く、停滞気味のプロジェクトが あったのでストーリーの…

  5. ストーリー思考

    Whyからはじめよ! 「ビジョンのシェア」が本当のゴール

    はじめにあなたが成功させたいあるプロジェクトが目の前にあるとします…

  6. ストーリー思考

    「面白いストーリーが書きたい!」そんなあなたに役立つ厳選5記事

    ストーリーを書いてみたい。特にエンタメ要素たっぷりの面白いスト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    読書歴初期の記憶
  2. 日記

    父親になりました
  3. 日記

  4. 読書と出版

    『文化と芸術表象』
  5. 読書と出版

    佐々木俊尚著『グーグル』
PAGE TOP