ストーリーの視点からプレゼン・コンサル

先日、某大企業の元社長さんで
現在はコンサルタントとして活躍されている方に
プレゼンテーションの内容について
ストーリーの視点から、
コンサルティングをする機会がありました。


別にお金をいただいたわけではありませんが。

具体的には、どう「伝わる」プレゼンにするか、
どう「聞いた人を動かす」プレゼンにしていくか、
というご相談でした。

であれば、ストーリーの視点を導入する以外にない!と確信し
自信を持ってアドバイスしました。

ストーリーについて考えるとき、
「越境」→「葛藤」→「成長」→「成功」のフレームワークが
自然と私の頭の中にイメージされます。
これ、人類の感動のツボにはまるストーリーの黄金律です。
ハリウッド映画なども基本はこのパターン。

この流れを効果的に構築できれば、
共感や感動により人を動かすストーリーをプロデュースできます。


photo by jm_affiliation

今回は、プレゼンの序盤で聞き手の関心を引きつける必要があったので
AIDMAの法則を意識して、
序盤で問題を明確にし、危機意識・当事者意識を聞き手に
もってもらうような構成を提案するなどして
一緒にプレゼンの構成を練っていきました。

また、提案内容が多かったので
「これは大枠で3つにしぼりましょう。
5つ以上だと、聞き手の印象として
単なる情報の羅列となりインパクトが弱くなります。
実際の提案数は変えなくとも
大枠のテーマでくくって3本柱にし、伝わりやすくしましょう」
などと、大変生意気なことを申し上げました。

しかし、スライドをその場で編集され
ストーリーのあるプレゼン
構成がみるみるうちにできあがりました。

実際、プレゼンの内容について
アドバイスすること自体
初めてだったのですが、
ミーティングが終わって
その方が「阿久澤さん、なかなかいいねぇー」と最後に喜んでくれたので
ちょっとした自信になりました。

好きなことや得意なことで
人に喜んでもらえるのは嬉しいですね。

関連記事

  1. 重要だけれど忘れられがちな企業ブランディングのポイント

  2. ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

  3. 完全無欠のヒーローの自慢話なんか誰も聞きたくない

  4. 人生のマイナス材料を物語のネタに -私の実体験-

  5. あなたは何にフォーカスして毎日を過ごしていますか?

  6. KINCHOの脱力系ストーリーブランディング

  7. ストーリーでプロジェクト推進力をアップ

  8. flowchart

    【フローチャート+ストーリー思考】 あなたの仕事のクライマックスはどこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ