ミニ・ストーリーでコミュニケーションをスムーズに!

あなたが、ちょっとしたストーリーを語ることで仕事がスムーズに運ぶ場面もあるはずです。

たとえば、資料のコピーを依頼する場合、
「この資料のコピーを3部お願い」

20100301photocopy.png

こんな表現で多くの人が済ませてしまっているのではないでしょうか。

もちろん、これでも意志は伝わります。頼んだ相手も最低限のことはやってくれるでしょう。


これをほんのちょっと丁寧に表現するとどうでしょう。

「これ午後、B社のプレゼンで先方の役員さんに配布予定の資料なんだけれど、
コピーを3部お願いします」

このようにちょっとした依頼においても、
その背景となるミニ・ストーリーを語ることで、
相手は仕事の意味や重要性を理解することができます。

何の説明もなければ、カラーの資料も社内用だと
勘違いして通常のモノクロ・コピーで済ませてしまうかもしれません。

しかし、社外の役員に配布予定の資料だとわかれば、
これはカラーで用意すべきだと判断できるし、
コピーも丁寧にやってくれるでしょう。

ちょっとした仕事の依頼にも、
その背景にあるストーリーを知らせることで、
頼まれた人間も気持ちよくスムーズに仕事ができる場面、けっこうあると思いませんか?

関連記事

  1. 全米No.1 ストーリーテラー ジェリー・サインフェルド

  2. 今ここにあるマイナスをプラスに転化するストーリー思考 

  3. 仕事に生かすストーリー思考

  4. ストーリーを活用すれば仕事が楽しくなる

  5. 実はあまり知られていないレディー・ガガのバックストーリー

  6. Whyからはじめよ! 「ビジョンのシェア」が本当のゴール

  7. 完全無欠のヒーローの自慢話なんか誰も聞きたくない

  8. シュガーコーティング・メソッド:相手に配慮した伝え方をする工夫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ