ストーリー思考

ミニ・ストーリーでコミュニケーションをスムーズに!

あなたが、ちょっとしたストーリーを語ることで仕事がスムーズに運ぶ場面もあるはずです。

たとえば、資料のコピーを依頼する場合、
「この資料のコピーを3部お願い」

20100301photocopy.png

こんな表現で多くの人が済ませてしまっているのではないでしょうか。

もちろん、これでも意志は伝わります。頼んだ相手も最低限のことはやってくれるでしょう。


これをほんのちょっと丁寧に表現するとどうでしょう。

「これ午後、B社のプレゼンで先方の役員さんに配布予定の資料なんだけれど、
コピーを3部お願いします」

このようにちょっとした依頼においても、
その背景となるミニ・ストーリーを語ることで、
相手は仕事の意味や重要性を理解することができます。

何の説明もなければ、カラーの資料も社内用だと
勘違いして通常のモノクロ・コピーで済ませてしまうかもしれません。

しかし、社外の役員に配布予定の資料だとわかれば、
これはカラーで用意すべきだと判断できるし、
コピーも丁寧にやってくれるでしょう。

ちょっとした仕事の依頼にも、
その背景にあるストーリーを知らせることで、
頼まれた人間も気持ちよくスムーズに仕事ができる場面、けっこうあると思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. ストーリー思考

    今ここにあるマイナスをプラスに転化するストーリー思考 

     「こんな目に遭うなんて、ついてないよな......」あなたには、…

  2. ストーリー思考

    ダメ出しされました

    ■ある「商品開発ストーリー」をめぐって先日、とある企業の商品開発担当…

  3. ストーリー思考

    ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

    意識的に私が探し、購入しているのがストーリー仕立てになっているオーディ…

  4. ストーリー思考

    ストーリーの視点からプレゼン・コンサル

    先日、某大企業の元社長さんで現在はコンサルタントとして活躍されている…

  5. ストーリー思考

    「面白いストーリーが書きたい!」そんなあなたに役立つ厳選5記事

    ストーリーを書いてみたい。特にエンタメ要素たっぷりの面白いスト…

  6. ストーリー思考

    ストーリーでプロジェクト推進力をアップ

    先日、少し動きが遅く、停滞気味のプロジェクトが あったのでストーリーの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 連載

    ロミオとジュリエット効果の活用-共通の敵を設定し仲間意識を高める-
  2. 日記

    気を抜けない
  3. ブログ

    別のウェブログの最近のエントリーを表示する
  4. 広報・PR

    枝野官房長官のクライシス・コミュニケーション
  5. 広報・PR

    広告華やかなりし時代の曲がり角
PAGE TOP