人生のマイナス材料を物語のネタに -私の実体験-

人生のマイナス要素をプラスに転化できる。それがストーリー思考。そんな話を前回の記事でしました。
そこで私の実体験を一つご紹介しましょう。
20100211bryan_hall.png
私は2000年、日本の大学からの派遣交換留学生としてアメリカ・ワシントン州立大学で学ぶ機会を得ました。


期間は1月から12月までの一年間。ワシントン州はカナダに隣接しており、冬場は雪国そのもの。
正月明けの1月4日に渡米し、ワシントン州立大学のキャンパスに足を踏み入れた時、すでにあたり一面雪におおわれていました。
忘れもしないキャンパス到着から3日後のこと。
履修科目登録を終え、寮に戻る途中のことでした。
雪の下に隠れていた氷の上で私は足を滑らせ、結果として左足を骨折してしまいました。
20100211slip.png
そこから約2ヶ月半にわたる、アメリカの広大なキャンパスにおける松葉杖の生活がスタートしました。
この状況、明らかに人生のマイナス要素です。新しい環境で希望に満ちて新しい生活をスタートしようとした矢先にケガをしてしまった。
しかし、この経験はその後、私の人生のかけがいのない財産、物語のネタになっていきます。
 
アメリカの大学での松葉杖生活について、次回以降の記事で書いていきます。

関連記事

  1. 七夕は日本だけの行事? 実は○○がルーツ!

  2. ビジネス書が苦手な人に!楽しみながら学べるストーリー仕立てのおすすめビ…

  3. あなたはどんなヒーローに感情移入しますか?

  4. フレームワーク習得に役立つ「ストーリー型学習教材」活用のススメ

  5. その日をラベリングする見出しをつけてみる

  6. ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

  7. ミニ・ストーリーでコミュニケーションをスムーズに!

  8. なぜ私たちは勧善懲悪の世界に飽きないのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ