日記

初詣の娘の言葉

今年は、バタバタしていて初詣に家族で行く時間がとれませんでした。
そこで私が仕事をしている平日に、私をのぞいた家族3人(妻、4歳の娘、2歳の息子)で初詣に行って来たとの報告が妻からありました。


「神様にお祈りしよう」とそこで妻が娘に言うと、

「パパのお仕事がうまくいきますように」
と娘は目を閉じた状態で声にして祈ったそうです。

てっきり娘が自分自身のことを祈るとばかり思っていた妻がびっくりして
「どうしてパパのこと、お祈りしたの?」と聞くと、
「パパがお仕事してくれているから、みーちゃん(娘の呼び名)が幼稚園に行けるんでしょ。みーちゃん、幼稚園にいっぱい行きたいから、パパにお仕事頑張ってほしいんだ」
そう言ったのだそうです。
それを聞き4歳にして、真っ先に自分のことを祈るのではなく、自分の希望を間接的に支えている父親の仕事の行く先を案ずる視点を持ち始めているのだな、と自分の娘ながら感心しました。

その後、2歳の息子はまだ、片言しか話ができないので妻が代弁して
「一年間、僕が健康で楽しくすごせますように」と祈ると、それを聞いて娘はこう口にしたそうです。
「あ、自分のことを神様にお祈りしてもよかったの?」

あれっ?

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 日記

    新しい職場での仕事をスタート

    先日の記事で、転職が決まり、11月14日で前職の湖山医療福祉グループを…

  2. 日記

    調べもののため国立国会図書館へ。有楽町駅で乗り換えるとき怒れる経済学者…

  3. 日記

    サンディエゴ時代からの友人と食事

    1995年にサン・ディエゴに留学したときからの友人、Shozo。※…

  4. 日記

    短い歩みの中に ちょっとしたドラマ

    本日、急に寒くなりました。日中の最高気温は東京で14度。とりわけ帰…

  5. 日記

    2008 芸術祭 N-1グランプリ

    11/1~3は 勤務先の日本大学芸術学部の文化祭、芸術祭でした。昨…

  6. 日記

    谷田大輔氏ブログを制作

    株式会社タニタ前代表取締役会長(現株式会社タニタ総合研究所所長)、エコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    『ブランド戦国時代』
  2. 研究

    15minutes
  3. 日記

    あけましておめでとうございます
  4. 読書と出版

    『ニチゲー力』
  5. ブログ

    MovableTypeコメントスパム対策
PAGE TOP