仕事に生かすストーリー思考

はじめに

かつて企業内記者のようにあちこち取材して回った時期があります。
そうした仕事においても、物語のフレームワークは役立ちました。
20100107story.png
とりわけ人に会ってインタビューをするさいにストーリー思考を取り入れ、実践したのです。


単純に記事にするだけでなく、読み手にも楽しんでもらい、その人の人生を感じてもらえる内容にしたい。

それならインタビュー対象からストーリーを引き出すことをゴールにすべきだと考えました。

しかし、闇雲に話を聞いたところで簡単に人から物語を引きだせるわけではありません。

20100107face_to_face.png

インタビューされる側もなんだかとりとめもなくて困ってしまうでしょう。

 

 

ストーリーのフレームワーク

そこで、私はストーリーのフレームワークを頭に描きながらインタビューを実施していました。

そのフレームワークはストーリーの流れを「越境」危機」「成長」「勝利」「の4つの段階に分けて考えるものです。

たいていのストーリーは主人公が何かをきっかけに新しい環境に身をおくことになります。これが「越境」の段階。

新しい環境ではさまざまなピンチを遭遇します。これが次の「危機」の段階。

次に来るのが、そうした危機を経て、適応能力が上がったり、
そのために自分の能力や意識が向上したことを実感する、これが「成長」の段階。

そして、自分なりの新しい価値観や成果を得る「勝利」の段階。

こうしたことを意識しながら、それぞれの段階にフォーカスした質問を投げかけていくと、
短時間でも相手からストーリーを引き出すことが可能です。

 

 

自分なりのストーリーを積極的に思い描こう

インタビュー以外の通常の仕事においても、物語のフレームワーク、ストーリー思考は有効だと思います。

20160214

単なる目の前の作業を片づけていくだけの仕事と、
自分なりのストーリーを思い描きながらする仕事、
どちらがクオリティの高いものになるでしょうか?

取り組む意識も違うでしょうし、
それに応じて成果のありかたも変わってくるはずです。
あなたの仕事や日常生活を通して、
描くべきストーリーについて一度考えてみませんか?

関連記事

  1. 人生のマイナス材料を物語のネタに -私の実体験-

  2. KINCHOの脱力系ストーリーブランディング

  3. ストーリーを発見・発掘する方法

  4. エンディングよければすべてよし : エンディングの重要性

  5. ストーリーは「心」を動かすための演出

  6. 共感型ストーリーの成立条件

  7. フレームワーク習得に役立つ「ストーリー型学習教材」活用のススメ

  8. 不可視のバッジの持つ力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

アーカイブ