日記

ユーザーの数だけ”究極の手帳”がある

banner_diary.gif
 この時期、来年に向けて新しい手帳が気になっている人も多いでしょう。
 私の場合、妻に誕生日プレゼントしてもらった、バイブルサイズのリフィル式手帳を使っています。
20091214refill.png
 中のリフィルは、いろいろなものを試した末、自らデザインして使うようになりました。


 手帳に対するニーズは仕事やライフスタイルによって変わってきます。
 自分でデザインするのは、ちょっとした手間です。しかしながら、自分の使いやすい形を追求できます
 いつも、使っているリフィルの形が最高だと思っていますが、ここを変えたらもっと使いやすくできるのではないか、などというアイデアが出てきたら週末などに数パターンつくってみます。
 その意味では、完成形のない永遠のベータ版と言えます。
 こちらの記事で「ユーザーの数だけ”究極の手帳”がある」と書かれていますが、まさにその通りだと思います。
2009手帳特集“超”入門編:
「あなただけの手帳」にするために――決めておきたい「自分ルール」
(誠 Biz.ID)
 自分でリフィルをデザインする一つの利点は、後で振り返ったとき、その時々のリフィル・デザインから自分が何を重視していたかということがわかることでしょうか。
 手帳のデザインを通して自分との長い対話をしている、そんな感じなのです。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 日記

    西田幾多郎の言葉

    「ただ一つの思想を知るというこ…

  2. 日記

    物的価値と記号的価値

    午前9時20分に、池袋にある東京芸術劇場に行く。本日は、大学でお世話…

  3. 日記

    モバイルPCを修理に

    土曜日の朝、行きつけのファミレスで原稿をMuramasa CV-FW …

  4. 日記

    2008 芸術祭 N-1グランプリ

    11/1~3は 勤務先の日本大学芸術学部の文化祭、芸術祭でした。昨…

  5. 日記

    心を動かす政治状況

    はじめに  レゾナント・コミュニケーションは共感型コミュニケーシ…

  6. 日記

    文芸人 初のカラー版

    カラーの製本機が文芸学科に入り、学内刷りの実習紙としては初のカラー刷り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. コミュニケーション

    なぜ退屈でつまらない企業ホームページばかりなのか?
  2. ストーリー思考

    シュガーコーティング・メソッド:相手に配慮した伝え方をする工夫
  3. 日記

    周辺飛行
  4. 研究

    現在進行形のメディア状況
  5. マーケティング

    モノを売りたいなら、まず人を見せなさい!
PAGE TOP