簡単だけど、ほとんどの人がやっていない「自分の成長を実感する」方法

あなたもおそらく夢や目標を持っていると思います。
そうした夢や目標に「自分が一歩ずつ近づいている」という感覚を日々の生活の中から持てることが私たちには大切です。
20101003happy.jpg
そうした感覚は、時に「あなた自身の成長を実感する」ことと同義かもしれません。
日々、自分の夢や目標を形にする上での、自分の成長を感じることができれば、人生を楽しめるのではないでしょうか。


少なくとも、あなたの人生の充実度はアップするはず。
しかし、夢や目標が大きければ大きいほど、その実現までの道のりが具体的に見えにくく、日常のアクションの中に落としこむのが難しいというのも少なからず真実。
夢やゴールを頭の中に思い描くだけで行動を起こさなければ、その実現が近づかないのは言うまでもありません。
それでは、どうすべきなのか。
阿久澤は、夢や目標のゴールの締め切りやイメージだけでなく、それを達成するにあたって必要な中間目標とその締め切りを設定することをオススメします。
20101003happy002.jpg
そのさい、それを達成するために必要なスキル、知識、経験、実績といったアイテムを明らかにしましょう。
さらに、そうしたアイテムに優先順位をつけた上で、いかに獲得していくか、そのロードマップを自分なりに描いてみましょう。
そうすれば自分なりの成長曲線をイメージすることができるようになります。
あとは、階段を上っていくように、一つ一つのステップを乗り越えていくよう意識して生活し、実際に一つ一つそれを乗り越えていくだけです。
そうすることで、あなたの夢や目標に確実に近づいているという感覚、自分が成長しているという実感、自分に対する自信、人生の充実感、そうしたものは増幅されていくはず。
あなたは自分の毎日の行動に長期的視点から意味を見いだし、人生を心から楽しめるようになるはず。そんな風に阿久澤は考えています。
もちろん、言うは易し、行うは難し
こうした話は抽象論のままではまったく意味がありません。ともかく、実践・実行あるのみ
あなたは実践・実行する人ですか? 
それとも……

関連記事

  1. 眠る前に脳に宿題を出しておく

  2. 15キロの減量に成功した3つのポイント

  3. マンダラート:ゲーム感覚を味わえるアイデア発想ツール

  4. 「集中する仕組み」というライフハック

  5. RSSリーダーのススメ

  6. オンライン・タスクリストTeuxDeux

  7. 聞き手の集中力を維持できそうなプレゼン手法

  8. エフェメラリゼーションという魔法の杖

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ