日記

文章コミュニケーションにおける個人的課題

 resonant_thinking_banner.png
 レゾナント・コミュニケーション、共感型コミュニケーションをこのサイトで私は提唱しています。
20090930problem.png
photo by r000pert
 しかしながら私自身、レゾナント・コミュニケーションを実践できていない領域がたくさんあります。


 この記事自体がそのいい例です。具体的に言えば、文章の量が問題。長いのです。
 ブログやメールマガジンといったウェブ媒体の文章を読むさい、腰をすえてじっくりと読む、ということは少ないと想像します。
 その意味では、文章量が多いことはウェブ媒体の読者にきちんと配慮していると言い難いのです。余分な負担をかけているのです。
20090930writing.png
photo by Ross_Angus
 媒体によって、文章量をコントロールし、文体をかき分けるべきなのですが、その点が現時点でまだ弱い。
 
 それが、私のレゾナントに到達していないコミュニケーションの実体であり、問題点です。 
 長い文章というのは、読み手にとって負担になりますが、書き手にとってもマイナス面があります。
 私の場合、ある程度の文章量を書かないと、書いた気がしないので、まとまった時間が確保できない日はブログを更新できないことになります。
 また同じような理由で、発行しているメールマガジンの配信ペースもうまくコントロールできていません。
 そのあたり、何とかしたいと考えています。短く、あっさりとした形でウェブ媒体での表現を心がけていきたい……と書きつつ、すでに長文になってしまっています。
 そんなわけで、すぐには修正が効かないかもしれませんが、努力していきます。
 文章が簡潔にあっさりとしたものが普通になってきたら「こいつ、少しは成長しているな」と思っていただければ幸いです。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 日記

    例会出席

     イギリス留学への出発が間近に迫っています。今回の留学は世界各地に支部…

  2. 日記

    メモロ・ジャパンのみなさんと

    メモロ・ジャパン「記憶の銀行」のみなさんの会議にほんのちょっとだけ参…

  3. 日記

    ウォーキング、Podcasting

     一週間前くらいから、起床後の一時間を使って散歩もしくはウォーキング…

  4. 日記

    VINOを購入

     都市部と郊外のキャンパスの両方に僕の仕事場はある。郊外にあるキャン…

  5. 日記

    ところざわまつりでケバブサンドを喰らう

    地元で年1回開催される「ところざわまつり」のため、市の中心部は朝か…

  6. マインドマップ

    「鳥の目」 「アリの目」、あなたはどちらのタイプ? 

    人間観察をしていると、人の視点の置き方には一定の癖があることがわかりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ストーリー思考

    あなたは何にフォーカスして毎日を過ごしていますか?
  2. ライフハック

    マンダラート:ゲーム感覚を味わえるアイデア発想ツール
  3. 研究

    Cultural Typhoon(Day 2)
  4. 教育

    WIDE University
  5. 研究

    豪の映画関係者FTAに反発
PAGE TOP