日記

文章コミュニケーションにおける個人的課題

 resonant_thinking_banner.png
 レゾナント・コミュニケーション、共感型コミュニケーションをこのサイトで私は提唱しています。
20090930problem.png
photo by r000pert
 しかしながら私自身、レゾナント・コミュニケーションを実践できていない領域がたくさんあります。


 この記事自体がそのいい例です。具体的に言えば、文章の量が問題。長いのです。
 ブログやメールマガジンといったウェブ媒体の文章を読むさい、腰をすえてじっくりと読む、ということは少ないと想像します。
 その意味では、文章量が多いことはウェブ媒体の読者にきちんと配慮していると言い難いのです。余分な負担をかけているのです。
20090930writing.png
photo by Ross_Angus
 媒体によって、文章量をコントロールし、文体をかき分けるべきなのですが、その点が現時点でまだ弱い。
 
 それが、私のレゾナントに到達していないコミュニケーションの実体であり、問題点です。 
 長い文章というのは、読み手にとって負担になりますが、書き手にとってもマイナス面があります。
 私の場合、ある程度の文章量を書かないと、書いた気がしないので、まとまった時間が確保できない日はブログを更新できないことになります。
 また同じような理由で、発行しているメールマガジンの配信ペースもうまくコントロールできていません。
 そのあたり、何とかしたいと考えています。短く、あっさりとした形でウェブ媒体での表現を心がけていきたい……と書きつつ、すでに長文になってしまっています。
 そんなわけで、すぐには修正が効かないかもしれませんが、努力していきます。
 文章が簡潔にあっさりとしたものが普通になってきたら「こいつ、少しは成長しているな」と思っていただければ幸いです。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 日記

    平成18年度 卒業記念パーティー

    平成15年度 文芸学科入学生の卒業パーティーに出席しました。僕は平成…

  2. 日記

    EDO WONDERLAND日光江戸村の魅力は江戸町民とのコミュニケーションにあり!

    はじめに特派員として招待を受け、2014年8月2日、家族でEDO …

  3. 日記

    短い歩みの中に ちょっとしたドラマ

    本日、急に寒くなりました。日中の最高気温は東京で14度。とりわけ帰…

  4. 日記

    エコロジーにはお金がかかる

    今住んでいるアパートは部屋数は多いものの、収納スペースが少ないので研究…

  5. 健康

    バックジョイ(backjoy)を腰痛対策に購入

    長年の悩み学生時代から腰痛に悩まされてきました。就職してか…

  6. 日記

    オープン戦を観戦

    午前中は購入予定のスクーター、YAMAHA・VINOに関して市内の販売…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 文章術

    文章を「総論」・「各論」・「結論」で構成する
  2. ストーリー思考

    ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 研究

    ポストコロニアリズム
  4. 文章術

    エディタのアウトライン機能で鳥の目 蟻の目
  5. WEB

    ヴィデオ・チャット
PAGE TOP