気を抜けない

banner_diary.gif
現在、会社のサービス・ラインナップのカタログを制作中。制作物は、切りのいいところでいつも上司に見てもらいアドバイスをもらう。
20090820.png
 一からすべてを作っているわけではなく、継承できる部分は、前任者のデザイン資産を継承しながら作っている。気になったところは、修正してから組みこんでいく。


 たまたま、消費者金融向け新規融資者・本人確認サービスの事例をグラフィックで示す必要があり、前任者がイラストレーターで制作した素材を使わせてもらっていた。
 よくよく見ると、そこに表示されている利率がほんのちょっと高いのではないか、と感じた。少し前に法改正もあったはずだし……そこで消費者金融関連のサイトを調べて、相場を確認。実際の相場に合わせて数字を下げておいた。
20090820lunch.png
 とはいえ、そんなこと誰も気づかないだろうと思っていた。グラフィックの中のほんのアクセントのような数字だ。
 しかし上司はそのことにすぐさま気づいた。
20090820business.png
「ここ、ちゃんと気づいて利率下げたんですね」と指摘される。
 万事がこうなので、この人の前では気を抜けない。そうした緊張も、いい意味で仕事のクォリティをあげてくれるはず。

関連記事

  1. 社会保険事務所へ

  2. ノロウィルス

  3. 電子文書化への取り組み

  4. EDO WONDERLAND日光江戸村は日本文化を楽しく体験できるテー…

  5. 2005年を振り返る

  6. エコロジーにはお金がかかる

  7. 右手首骨折、はじめての入院・手術、全身麻酔のインパクト

  8. モバイルPCを修理に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ