Yahooトピックスの選定基準

午後、17:30に会社を出て渋谷から地下鉄に乗り、九段下下車。18:30から開始の広報担当者向けセミナーに参加。



 会場はベルサール神保町。セミナータイトルは「価値ある経済ニュースとは」。講師は、Yahoo株式会社メディア編集部長の奥村倫弘氏。

 有料セミナーの内容なので、ここで情報をすべて横流しにするわけにはいきませんが、ほんの触りだけご紹介。


 日本人がネットでチェックしているニュース情報源の中で一番ポピュラーなのが、おそらくYahonニュース、中でもトピックスだろう。1996年にスタートしているサービスで、現在月刊37億6000万ページビューがある。その影響力はきわめて大きい。

20090723seminar03.png
 

企業の広報担当者としては、なんらかの形で自社のサービスや製品がトピックスでとりあげられれば、その反響は大きいであろうし、

会社の成長にレバレッジをかけられる。

20090723seminar02.png

 奥村氏によれば、トピックス選定にかかわるスタッフは20名ほど。彼らが働く部署に、契約しているマスコミ各社から一日平均で3500本以上の記事が集まる。
 ニュース選定における基準は社会に対するインパクトを持つもの。

 具体的には、以下のようなもの。

・世の中の大きな変化にかかわるニュース
・世の中をよりよくするニュース
・世の中を象徴しているニュース
 
 企業のプレスリリース(報道各社向け)やニュースリリース(自社HP向け)を作成・発信する立場として再度確認したのは、やはり自社製品やサービスを自画自賛するだけのリリースはいただけないということ。

 あくまで製品やサービスがいかに社会に貢献し、人々の暮らしを便利にするのか、そうした視点からリリースを作成していく必要がある。
 
 雑学的な情報として、 トピックスの見出しを13文字以内に収めているというものもあった。なぜなら13文字ならすぐに中身を認識でき、文章を読みこむ必要が生じないからだと言う。
 またトピックスの並びは、以下のようになっている。
 
 ・国内
 ・地域
 ・エンタメ
 ・経済
 ・海外
 
 これはメディアとしてのニュースのバランスを保つためだそうだ。

20090723seminar04.png

 ともかく、日本で一番影響力のあるウェブ・ニュースメディアのの舞台裏やニュース・ピックアップ基準を知ることができたのは大きな収穫。

 簡単ではないが、戦略次第では自社のサービスや製品情報をトピックスにエントリーさせることも不可能ではないと考えられるようになった。その鍵となるヒントは得られたはず。

関連記事

  1. 枝野官房長官のクライシス・コミュニケーション

  2. ミシュランの謎

  3. Powerpointと向きあう

  4. マンツーマン・ビジネスセミナー

  5. 会社案内を制作しました

  6. ピカソとゴッホの人生に見るPR力の差

  7. 広報について完全なる無知・無理解の歴史を告白

  8. 宝の山を発見

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ