ストーリー思考

七夕は日本だけの行事? 実は○○がルーツ!

 

もうすぐ七夕ですね。短冊に願いごとを書いて…..なんだか懐かしいですね。

さて、あなたは七夕のストーリー、どんな風に記憶していますか?

20140621_starfestival
photo credit:  Yorozuna via photopin cc

 

七夕に関するアンケート調査

そんな七夕の認知度というより認識度について2010年にカルピスが面白いアンケート調査の結果を公表しています。なぜカルピスが七夕に関するアンケートを?という疑問がわくかもしれませんが思いますが、実はカルピスが発売されたのが7月7日、七夕だったことにちなんでのようです。

一般的に、七夕は天の川の両側に離れて暮らす「織姫」と「彦星」が年に1度会える日、といったベーシックな認識は共通しているのではないでしょうか。
しかしながら、それ以上の細かいことはほとんど記憶や認識が曖昧になっていて、誤解も多いことをアンケート結果が物語っていて興味深いです。

 

織姫と彦星の関係、実は……

たとえば、織姫と彦星の関係を尋ねたところ、77.1%、8割弱が「恋人」と回答。実はこれ、間違いなんですね。もともとは働き者で神様たちの衣類をつくっていた織姫でしたが、結婚後、夫婦で一緒に過ごしてばかりで機織りの仕事に手をつけなくなり(彦星も牛追いの仕事をしなくなり)、それが原因で神様たちの怒りを買って引き離されたので、二人は恋人同士ではなく夫婦なんですね。

 

七夕は日本だけの行事? 実は○○がルーツ

「『七夕』は日本だけ(他の国では行われていない)の行事だと思いますか?」という質問に対し、「思う」と答えたのは全体の57.1%、6割弱を占めたそうですが、僕もそう思っていました。
ページには以下のような解説があります。

“七夕”は、7月7日の牽牛星(彦星)と織女星(織姫)が会える夜に、婦人たちが機織りの上達を祈った中国の行事「乞巧奠(きこうでん/きっこうでん)」がルーツ。

つまり、七夕のルーツは中国だったんですね。ご存じでしたか?
こんな風に、七夕をめぐるアンケート調査結果、結構面白いので以下のページ、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

織姫と彦星の関係や職業…意外と知らない“七夕”エピソード | ニュースウォーカー

 

20140621_starfestival_vega
photo credit: digital-dreams via photopin cc

 

遠距離恋愛ならぬ……

このアンケートとは関係ありませんが、織姫星として知られていること座の1等星ベガの地球からの距離は、約25光年。彦星であるわし座のアルタイルは約17光年

この時点で、ものすごい遠距離恋愛、ではなくて遠距離別居生活?ですね(^_^;)

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. ストーリー思考

    今ここにあるマイナスをプラスに転化するストーリー思考 

     「こんな目に遭うなんて、ついてないよな......」あなたには、…

  2. ストーリー思考

    Whyからはじめよ! 「ビジョンのシェア」が本当のゴール

    はじめにあなたが成功させたいあるプロジェクトが目の前にあるとします…

  3. ストーリー思考

    ハッピーエンドを鮮明にイメージしてワクワクしながら仕事に取り組もう!

    はじめにあらゆるビジネス・シーンにおいて適用可能で、なおかつ大きな効果…

  4. ストーリー思考

    ストーリーを活用すれば仕事が楽しくなる

    働き方が問題や議論の対象となっています。長時間労働、サービス残業、さら…

  5. ストーリー思考

    ビジネス書が苦手な人に!楽しみながら学べるストーリー仕立てのおすすめビジネス書10選

    はじめにビジネスに必要な知識を本を読んで身につけたいけれど、普段か…

  6. ストーリー思考

    アクションしてもらうには頭ではなく○にはたらきかける

    私たちはまわりの人間を巻き込み、アクションしてもらう必要がある場面に時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    いつも『「原因」と「結果」の法則』がそばにあった
  2. 日記

    短い歩みの中に ちょっとしたドラマ
  3. イギリス大学院留学

    楽しそうに働く、楽しく働く
  4. 日記

    2013年もよろしくお願いいたします
  5. 日記

    私が誤解していた「守破離」の本質
PAGE TOP