広報・PR

新聞スクラップ

pr_wave_banner.png
 会社で購読している新聞に目を通して、会社のビジネスに関連ある記事をスクラップし、他の社員が参照可能にするのも広報の役割。
20090717.png
 
 はじめはスクラップブックに切り抜いていた。しかしスクラップブックを引っぱり出して読む暇がある社員はほとんどいない。
 そこで気になった記事はスキャニングして画像ファイル化した後、会社のグループウェアの掲示板にアップロードしている。


グループウェア経由で、社員スケジュールを共有しているため、出勤すれば、スタッフは全員ログインする。
lunch20090716.png
20090716lunch02.png
 そうしたグループウェアに掲載しておけば、時間ができたときに、自分のPCの画面上で、スクラップした内容が確認できる。
 実は、現在のところ新聞に毎日、目を通すという感じではなく、けっこう未読の新聞がたまりつつある。
 原因は、職場で仕事中、新聞を広げて読む、というのは管理職や重役のすること、というイメージが僕の中にあるからだ。
 こうしたイメージは、ホテルのフロントマンのアルバイトをしていた時代に形成されたはずだ。仕事中に新聞に目を通す権利があったのは、支配人や宿泊課長レベルだった。
 広報パーソンの仕事の一環とはいえ、なんだか偉そう、という感じがしてどうもためらいを感じてしまう。まあ、そんなことをいつまでも言ってられない。少しずつ習慣にしていかないといけない。
 
 そんな思いが強くなっている今日この頃。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 広報・PR

    Yahooトピックスの選定基準

    午後、17:30に会社を出て渋谷から地下鉄に乗り、九段下下車。18:3…

  2. 広報・PR

    広報について完全なる無知・無理解の歴史を告白

    「広報って実際、どんな仕事をしているのですか?」そう尋ね…

  3. 広報・PR

    ミシュランの謎

    ミシュランといえば、星により格づけを行う有名レストラン・ガイドブックの…

  4. 広報・PR

    ピカソとゴッホの人生に見るPR力の差

    ピカソとゴッホ。どちらも名だたる大芸術家です。しかしながら、二人…

  5. 広報・PR

    広告華やかなりし時代の曲がり角

    「とうとうきたか」と思わずにいられませんでした。電通、赤字転落へ…

  6. 広報・PR

    PRプランナー資格、PRを学べる学校

    あなたはPRプランナー資格制度認定試験を知っていますか?もちろん広…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. マインドマップ

    自分のマインドマップを改善したい人にオススメの本
  2. 研究

    カルチュラル・スタディーズ: イントロ(1)
  3. 日記

    文芸人 初のカラー版
  4. マーケティング

    なぜ比較サイトの成約率は群を抜いているのか?
  5. イギリス大学院留学

    テレビが到着
PAGE TOP