新聞スクラップ

pr_wave_banner.png
 会社で購読している新聞に目を通して、会社のビジネスに関連ある記事をスクラップし、他の社員が参照可能にするのも広報の役割。
20090717.png
 
 はじめはスクラップブックに切り抜いていた。しかしスクラップブックを引っぱり出して読む暇がある社員はほとんどいない。
 そこで気になった記事はスキャニングして画像ファイル化した後、会社のグループウェアの掲示板にアップロードしている。


グループウェア経由で、社員スケジュールを共有しているため、出勤すれば、スタッフは全員ログインする。
lunch20090716.png
20090716lunch02.png
 そうしたグループウェアに掲載しておけば、時間ができたときに、自分のPCの画面上で、スクラップした内容が確認できる。
 実は、現在のところ新聞に毎日、目を通すという感じではなく、けっこう未読の新聞がたまりつつある。
 原因は、職場で仕事中、新聞を広げて読む、というのは管理職や重役のすること、というイメージが僕の中にあるからだ。
 こうしたイメージは、ホテルのフロントマンのアルバイトをしていた時代に形成されたはずだ。仕事中に新聞に目を通す権利があったのは、支配人や宿泊課長レベルだった。
 広報パーソンの仕事の一環とはいえ、なんだか偉そう、という感じがしてどうもためらいを感じてしまう。まあ、そんなことをいつまでも言ってられない。少しずつ習慣にしていかないといけない。
 
 そんな思いが強くなっている今日この頃。

関連記事

  1. Yahooトピックスの選定基準

  2. 宝の山を発見

  3. ミシュランの謎

  4. 広報について完全なる無知・無理解の歴史を告白

  5. 企画力

  6. Powerpointと向きあう

  7. 会社案内を制作しました

  8. 生まれて初めてのプレスリリース配信!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ