広報・PR

取材、カタログ制作、仮説の重要性

pr_wave_banner.png
 午前中から正午にかけて先日のプレスリリース(関連記事)を読んでくれた某宣伝会議の記者さんが、会社まで取材に来てくれました。プレスリリース配信後、すぐに連絡をくれたのでこの記者さんは僕のプレスリリースに反応してくれた最初の人間ということになります。
lunch20090713.png


午後は、自社サービスのカタログを制作。それなりのページ数になるので、ページにオブジェクトを配置しながらデザインの基本となる大まかなカラーリングと各ページの基本テンプレートを決定。
 一区切りついたところで、上司と進展中の音楽プロモーションについて話をする。
「阿久澤さんは、このプロモーション、どうなれば成功にたどりつけると思いますか?」と質問を受ける。
「うーん、そうですね……」これこれこうして、こういう条件で展開するだろうという漠然としたイメージはあったので、その話をすると、
「そうですね。アイデアとしてそれは面白い。でも、それが本当にキャンペーンの成功と言えるだろうか。自分なりに本気で道筋を描いてみた方がいいですよ」と上司。
「なるほど。今回の案件は広告代理店さん主導ということで、そのあたりの流れを僕は本気でイメージしていませんでしたね……どんな案件でも自分なりの仮説を持つことが大事だということですね」
「そう、その通りなんですよ」
boot_black.png

仕事帰りに購入したBoot Black

こんな感じで、今の上司はいろいろと気づきを与えてくれる存在。ビジネスパーソン一年生の僕には心強い限り。
人との出会いに関しては僕はかなりついている方だと感じています。広報パーソンとしてだけでなく、ビジネスパーソンとしても今の職場で成長できる気がするのはそうした上司の存在があってのこと。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 広報・PR

    プライオリティの変更

     午前中から、会社のサービスラインナップのカタログ制作に集中。ほぼ形…

  2. 広報・PR

    広告華やかなりし時代の曲がり角

    「とうとうきたか」と思わずにいられませんでした。電通、赤字転落へ…

  3. 広報・PR

    日記ダイジェスト(2009/06/29~07/03)

    ・一番の事件は、水曜日に朝の満員電車の中で倒れたこと。 ・木曜日…

  4. 広報・PR

    ピカソとゴッホの人生に見るPR力の差

    ピカソとゴッホ。どちらも名だたる大芸術家です。しかしながら、二人…

  5. 広報・PR

    マンツーマン・ビジネスセミナー

     進行中の音楽プロモーションの提案資料がひとまず完成し、会議室で上司…

  6. 広報・PR

    広報について完全なる無知・無理解の歴史を告白

    「広報って実際、どんな仕事をしているのですか?」そう尋ね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ

    ブログの非公開設定
  2. 読書と出版

    読書歴初期の記憶
  3. 読書と出版

    雑誌「THE BIG ISSUE」を知っていますか?
  4. 日記

    パニック
  5. 読書と出版

    『メディア・リテラシー』刊行
PAGE TOP