読書と出版

「江古田文学」70号  [文化考現論] 連載 第7回

reading_publishing.jpg
江古田文学 70号が発売となりました。
ekoda_bungaku20090309.png


僕の連載、文化考現論も第7回を迎えました。今回のテーマは「コミュニケーションからソリューションを引きだす」。
ekoda_bungaku_rensai2009030.png
効果的なメディアづくりやメディア・デザインのプロセスについて以下の三つのステージに分けて整理しています。
1.コアアイデアの決定
2.シナリオ構築
3.仮説検証による改善
ともかく、連載を持っていることで生活にハリがでます。小山龍介さんもご自身のブログ「快適!ライフハック生活」も以下のように述べています。

連載を持つことでアウトプットを仕組み化する
確かにこの連載があるからこそ、ペースを落とさず……中略……そう考えてみると、まわりの優秀な人というのは、なにかしら連載を持っていることが多い。連載といっても、雑誌やオンライン媒体でのものだけではありません。毎週メルマガを出していたり、ブログを更新していたり、ペースを作るための工夫としての連載の仕組みを、自分で持っているんです。

この連載も、できるだけ早い時期に本にまとめたいと考えています。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 読書と出版

    江古田文学 69号 特集 太宰治 生誕100年記念

    江古田文学 69号が発売となりました。僕の連載、文化考現論も第6…

  2. 読書と出版

    『メディア・リテラシー』刊行

      執筆者の一人として第一章を担当した  芸術メディア研究会編 『…

  3. 読書と出版

    ネットの「こちら側」と「あちら側」-『ウェブ進化論』を読んで-

    梅田 望夫著『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』ちくま新書、…

  4. 読書と出版

    DTP業界標準の行方

    僕が卒業し、先日までTA(ティーチング・アシスタント)を務めていた日本…

  5. 読書と出版

    誰かをサプライズさせたくなる本

    アメリカのオフィスを舞台にした映画などを見ていると、サプライズ・パー…

  6. 読書と出版

    雑誌「THE BIG ISSUE」を知っていますか?

    『ホームレスから社長になった男の逆転法則』を読みました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 広報・PR

    二度目のプレスリリース配信、音楽プロモーション企画の進展
  2. WEB

    ヴィデオ・チャット
  3. 広報・PR

    広告華やかなりし時代の曲がり角
  4. ストーリー思考

    ビジネス書が苦手な人に!楽しみながら学べるストーリー仕立てのおすすめビジネス書1…
  5. 映画・写真・音楽

    Robert Carlyle
PAGE TOP