「江古田文学」70号  [文化考現論] 連載 第7回

reading_publishing.jpg
江古田文学 70号が発売となりました。
ekoda_bungaku20090309.png


僕の連載、文化考現論も第7回を迎えました。今回のテーマは「コミュニケーションからソリューションを引きだす」。
ekoda_bungaku_rensai2009030.png
効果的なメディアづくりやメディア・デザインのプロセスについて以下の三つのステージに分けて整理しています。
1.コアアイデアの決定
2.シナリオ構築
3.仮説検証による改善
ともかく、連載を持っていることで生活にハリがでます。小山龍介さんもご自身のブログ「快適!ライフハック生活」も以下のように述べています。

連載を持つことでアウトプットを仕組み化する
確かにこの連載があるからこそ、ペースを落とさず……中略……そう考えてみると、まわりの優秀な人というのは、なにかしら連載を持っていることが多い。連載といっても、雑誌やオンライン媒体でのものだけではありません。毎週メルマガを出していたり、ブログを更新していたり、ペースを作るための工夫としての連載の仕組みを、自分で持っているんです。

この連載も、できるだけ早い時期に本にまとめたいと考えています。

関連記事

  1. 江古田文学 67号

  2. 不透明な時代を読み解くためのバイブル 秋山隆平 『情報大爆発』

  3. 江古田文学 68号

  4. ネットの「こちら側」と「あちら側」-『ウェブ進化論』を読んで-

  5. 『メディア・リテラシー』刊行

  6. 読書歴初期の記憶

  7. 青木仁志著『一生折れない自信のつくり方 実践編』

  8. ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ