肝心なのはメディア・ニュートラルの姿勢


ブログヘラルドの記事を読んでいて、共感した。 

原点回帰:「ブログ」に戻る人々 ブログは「昨年で終焉を迎え」、Twitter(ツイッター)等のマイクロブログ・サービスがスポットライトを浴びると主張した人達がいた。


新しいメディアが生まれると、古いメディアを否定する人が出てくる。一方で古いメディアに固執する人もいる。

多くのブロガー達が、eメールのニュースレターを配信する決断を下し、次にニュースレターを補完する存在として、eメールリストの素晴らしさに気づくが、同時に、ブログには遠く及ばないことにも気づくのだった。


大事なのは、メディア・ニュートラルの姿勢。特定のメディアにこだわるのではなく、ニュートラルに自分の目的に最適なメディアを選択すること。

最後のポイントが重要だと私は思う。これらのテクノロジーを全て、または、幾つか利用し、成功を収めることも出来るが、組み合わせることで最高の結果を得ることが出来るのだ。新しいことを始めるからといって、過去の手法を投げ捨てる必要はない。eメール、動画、そして、ソーシャルメディアをブログと組み合わせることで、最大限の効果を上げることが出来る。

メディアを複数組み合わせることででコミュニケーションの力に相乗効果を生みだし、レバレッジがかけられるなら、積極的に活用すべきだ。

関連記事

  1. WEB2.0風のグラデーション・スキーム

  2. Illustratorトレーニングブック

  3. 音楽と映像によるハレとケのエコロジー

  4. Illustratorで地図作成に役立つサイト まとめ

  5. トイカメラ風に写真を加工

  6. ピクトグラム素材を無料で入手できるサイト まとめ

  7. 図解DTP用語辞典

  8. あえて不親切に情報を提示する戦略

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ