文章術

文章を「総論」・「各論」・「結論」で構成する

はじめに

多くの人々が日々直面する課題の一つに、論理的な文章を書くことの難しさがあります。明確なメッセージを伝えたいと思いつつ、どのように始めればよいか、どのように進めればよいか、そしてどのように終えればよいか、という疑問に直面している人は少なくありません。このブログでは、文章を「総論」・「各論」・「結論」の三部構成で展開する方法を通じて、論理的かつ効果的にアイデアを伝える手法をご紹介します。

総論

論理的な文章を書く上での最初のステップは、アウトプットを明確にイメージすることです。総論では、そのイメージを文章の概要として提示します。目的と要約を織り交ぜながら、読者がこの文章から何を得られるのか、そして続きを読むべき理由を明確に示します。総論の成功は、読者が全体像を把握し、興味を持続させるかどうかにかかっています。

各論

総論の詳細

総論で示したアイデアや主張をサポートするための具体的な説明やデータを展開します。例えば、総論で提起した問題に対する具体的な事例や解決策、関連する研究結果を詳細に述べることで、主張の信憑性を高めます。

詳細の展開

各論では、総論で述べた内容を順を追って深掘りします。ポイントは、読者が途中で迷子にならないよう、論点を明確にし、順序立てて情報を提示することです。ここでは具体的な事例、統計データ、専門家の意見などを交えながら、議論を展開していきます。

論点の接続

各論の終わりには、次の論点へスムーズに移行するための接続フレーズを用意します。これにより、文章全体の一貫性を保ち、読者が議論の流れを自然に追えるようになります。

結論

結論では、総論と各論で述べた内容を総括します。ここでは新たな情報を提供するのではなく、提出した主張や示した証拠を要約し、文章の初めに提示した目的が達成されたことを確認します。結論は、読者に強い印象を残し、記憶に残るように効果的に書く必要があります。

まとめ

「総論」・「各論」・「結論」の三部構成は、論理的で効果的なコミュニケーションを実現する強力なフレームワークです。この構造を採用することで、書き手は自らのメッセージを明確に伝えるためのロードマップを持つことができ、読み手は情報を効率的に処理し、理解することができます。

総論で全体像を示し、各論で詳細を掘り下げ、結論で要点を再確認することにより、読み手は文章を通じて一貫した旅を経験します。これは、論理的な思考と明確なコミュニケーションの基礎を築くことに他なりません。

また、この三部構成は、書き手が自身の思考を整理し、中心となるメッセージから逸脱することなく、一貫性を持って情報を提供することを助けます。結論では、文章の初めに設定した目的に基づいて、読者に対して具体的な行動を促すか、考えさせる疑問を投げかけることができます。

最終的に、文章を「総論」・「各論」・「結論」で構成することは、単なる形式的な練習以上のものです。これは、論理的な思考と効果的なコミュニケーションの実践であり、どのような職業においても、そして日常生活においても価値のあるスキルです。

今回ご紹介した構成法を活用して、次にあなたが文章を書く際は、その効果を自らの目で確かめてみてください。論理的な構成は、あなたのメッセージをより鮮明に、そしてより説得力を持って伝えるための鍵となるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 文章術

    文章コミュニケーション力強化に効く10冊

    文章表現は、コミュニケーションである、との思いを最近強くするようにな…

  2. 文章術

    文章に採用する具体例にモレ、ダブりをなくそう!

    文章における具体例(実例、実験例、統計データなどを含む)は読み手とイ…

  3. 文章術

    MECE(モレなくダブリなく!)を活用するための3つの切り口

    文章を組み立てるさい、具体例や事例や証拠などの複数の要素を組み合わ…

  4. 文章術

    文章における「概要」の考え方

    ドキュメント力を強化したい人のためのマニュアルライティング入門講座(…

  5. 文章術

    「反論」を味方にして文章の説得力を高めよう

    自分の主張を論理的に構成し、結論まで書きあげた。しかし、どうも説得力が…

  6. 文章術

    伝えるべきことをワン・メッセージに凝縮しておくことの効果

    文章を楽しく効率的に書く上で大いに役立つ方法をご紹介しよう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イギリス大学院留学

    最寄り駅
  2. 日記

    外交アナリスト吉田信三氏にお会いしました
  3. 日記

    2012年もよろしくお願いいたします。 
  4. English/英語

    知っておくといいかもしれない英語の省略表現
  5. 日記

    年頭のご挨拶
PAGE TOP