文章コミュニケーション力強化に効く10冊

banner_writing.gif
文章表現は、コミュニケーションである、との思いを最近強くするようになった。
伝えたいメッセージがあって、それを効果的に伝えることができるものがよい文章なのだと。
そのような観点から10冊を選んでみました。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント グロービスマネジメントインスティテュート
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 262

文章表現のフレームワークとして最も重要なものの一つ、ピラミッド・プリンシプル(ピラミッド原則)について徹底解説。じっくり落ち着いて読みたい本。

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
山田 ズーニー
PHP研究所
売り上げランキング: 844

よく働いて結果を出す文章にこだわった内容。具体例もふんだんに紹介されており読みやすい。文章修行の、スタート地点に着いた人のみならず、上級者にもオススメできる。

「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール (ブルーバックス)
藤沢 晃治
講談社
売り上げランキング: 8504

前半で文章理解の過程を認知心理学的に分析し、読み手にとってどのような文章がわかりやすいかを丁寧に解説。
文章に「斜め読み耐性」を持たせると行ったユニークだが筋の通った提案もあり。読み物としても楽しい内容になっている。

「超」文章法 (中公新書)
野口 悠紀雄
中央公論新社
売り上げランキング: 2605
  • 1. 一言で言える「メッセージ」を見つける
  • 2. 骨組みを作る(1) — 内容面のプロット
  • 3. 骨組みを作る(2) — 形式面の構成
  • 4. 筋力増強 — 説得力を強める
  • 5. 化粧する(1) — 文章を分かりやすくする
  • 6. 化粧する(2) — 100回でも推敲する
  • 7. とにかく始める — 始めればできる

「超」文章法の7ステップ*ListFreak

 

論理的な話し方が面白いほどできる本―「手にとるようにわかる話」の技術 (成美文庫)
西部 直樹
成美堂出版
売り上げランキング: 388946

純粋に文章術の本ではないが、ここで紹介されている話の展開の基本は文章を書くさいにそのまま当てはめることができるものだ。

1.ロードマップを示す
2.ナンバリングをする
3.ラベリングをする
4.AREAで並べる
5.まとめをして締めくくる

ドキュメントハックス-書かない技術 ~ムダな文書を作り方からカイゼンする~ [マイコミ新書] (マイコミ新書)
石黒 由紀
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 13639

最終的な完成文書に使えない無駄書きを結構な文章量書いてしまうことが多く、執筆スピードの遅延につながることから一つの悩みだった。
しかし、この本を読んで以降、無駄書きを減少させることができ、執筆プロセスにおける手戻りの発生頻度も下げることができるようになったというのが実感。

東大式ビジネス文章術
東大式ビジネス文章術

posted with amazlet at 08.10.08
中田 亨
朝日新聞社出版局
売り上げランキング: 28364

「文章は人に影響を与えるために書く」というコンセプトで貫かれた文章術の本。思考過程可視化の方法として讃井純一郎博士提唱の「評価グリッド法」なるユニークな方法が紹介されていて、興味深い。

ロジカル・ライティング (BEST SOLUTION―LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)
照屋 華子
東洋経済新報社
売り上げランキング: 15773

結果を出すコミュニケーションを構築していくためには、コミュニケーション条件とその中に含まれるポイントを押さえていくことが重要。
そのようなコミュニケーション条件を扱った書籍はいくつかある。
しかし、最も丁寧かつ詳細な解説をしてくれているのがこれ。

「読ませる!」文章術―あなたのビジネスチャンスが10倍広がる
沼田 裕
大和出版
売り上げランキング: 96847

これだけ文字情報や活字情報が世の中に氾濫してくると、それを発信したからといって、読んでもらいたいターゲットにリーチしても、それをきちんと読んでくれるかどうかはわからない。
そのことをきちんと意識しないで生産された文章は単なる情報クラッター(ゴミ)の運命をたどることになる。
この本は、書いた文章をゴミにしないできちんと読んでもらうためのフレームワークがすぐ活用できる形で具体的に紹介されている。
 
コピーライティング的な視点が文章表現に適用されている、今まであまりなかったタイプの文章読本。

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
ジョセフ・シュガーマン
PHP研究所
売り上げランキング: 7551

関連記事

  1. 伝えるべきことをワン・メッセージに凝縮しておくことの効果

  2. MECE(モレなくダブリなく!)を活用するための3つの切り口

  3. 論理的に書き、話すための型(フレームワーク)を知ろう

  4. ロードマップを示すことの重要性

  5. 「反論」を味方にして文章の説得力を高めよう

  6. 文章に採用する具体例にモレ、ダブりをなくそう!

  7. 文章における「概要」の考え方

  8. エディタのアウトライン機能で鳥の目 蟻の目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ