文章の切り口を明確化するための3つのポイント

論理的文章表現の考え方と実践
文章を書くとき、テーマをどのようにしぼっていくのか。しぼったテーマを点ではなく線としてどのように展開していくのか。つまり、文章の切り口を考える上で、ヒントになるのは以下のようなポイントだ。

3what

上の図は、樋口裕一が提唱しているいわゆる3WHATというものを僕なりに作図したものだ。

まず自分の書こうとするテーマを確認するのが定義。現時点でいったい何が問題となっているかを確認しておくのが「現象」。今後どのようなことが予想されるのか、問題に対してどのようにアプローチしていくべきかなどを考えるのが「結果」にあたる。

最低限これだけでも整理しておくと、文章を書く上での切り口をどのようにしていくべきかが、明確となってくる。興味を持たれた方は実践してみてはどうだろうか。

 [amazonjs asin=”4806126462″ locale=”JP” title=”文章力が面白いほど身につく本―人の心を動かす手紙・メールを書くコツ35 知りたいことがすぐわかる”]

 

関連記事

  1. 論理的に書き、話すための型(フレームワーク)を知ろう

  2. 文章に採用する具体例にモレ、ダブりをなくそう!

  3. MECE(モレなくダブリなく!)を活用するための3つの切り口

  4. エディタのアウトライン機能で鳥の目 蟻の目

  5. 文章コミュニケーション力強化に効く10冊

  6. 報告書作成の即戦力 → 5W3H

  7. 文章における「概要」の考え方

  8. 伝えるべきことをワン・メッセージに凝縮しておくことの効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ