イギリス大学院留学

楽しそうに働く、楽しく働く

イギリス人の事務能力の低さや、仕事に対する真剣さの欠如のようなものをいやというほどこの半年間で見てきた(帰納法的偏見かもしれないが)。
「仕事に力を抜く情熱だけは、今の若い奴らは他の国の連中には負けないだろう」と僕の知り合いのイギリス人のおじさんも皮肉混じりに口にするくらいである。
 しかし、そんな中でまったく別の印象を与えてくれたイギリス人がいる。確か彼の名前はMarkといったと思う。


smile.jpg僕のフラットのおそらく管財担当のスタッフで、部屋やキッチンの備品に何かあるとやってきて直してくれる。彼は、鼻歌交じりにそれはもう楽しそうに仕事をこなす。てきぱきと迅速に目の前の課題、つまり修理をこなすと「またね」と言って姿を消す。その一連の動作の流れを見ていると、とても気持ちいい。
  他人から見て楽しそうに仕事をこなすというのはとても難しいことなのではないかと思う。それだけでなく彼は自分でも仕事を本気で楽しんでいるのだと思う。
 これから社会人の仲間入りをする立場の人間として、彼のような人物の存在を忘れないようにしたいと思った。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    アリストテレスは大男

     今回、ヨーロッパに留学しているんだな、と感じさせられるささやかなこと…

  2. イギリス大学院留学

    3度の留学と英語学習の概略

    このページのメール・フォーム経由で留学と英語学習に関する問い合わせや相…

  3. イギリス大学院留学

    荷物が届いた

    荷物が届きました。 渡英後、おそらく必要になるだろうというものを二…

  4. イギリス大学院留学

    Siemens A50

    イギリスにいる期間は長くて一年なので携帯電話を購入する…

  5. イギリス大学院留学

    イギリスの天気

    ご多聞に漏れずイギリスの天気はかなり不安定で一日のうちに雨が降ったり…

  6. イギリス大学院留学

    文献探索

    大学の図書館で学期末エッセイの資料になる本を探す。本の情報自体は、フラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    私が誤解していた「守破離」の本質
  2. 読書と出版

    読書歴初期の記憶
  3. ストーリー思考

    日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 広報・PR

    取材、カタログ制作、仮説の重要性
  5. ストーリー思考

    大きな挑戦ストーリーを語ることで周囲を動かす
PAGE TOP