読書と出版

『罪なき囚人たち』

『罪なき囚人たち―第2次大戦下の日系アメリカ人』
ロジャー ダニエルズ 『罪なき囚人たち―第2次大戦下の日系アメリカ人』(川口博久訳、南雲堂、1997)
  筆者のロジャー・ダニエルズはシンシナティ大学のアメリカ史の教授で日系アメリカ人関係の著書が複数あり、本書もその中の一つである。
 この本で貫かれている問題意識は、第二次大戦下のアメリカで日系アメリカ人の強制収容がなぜ起こったのか、というものだ。その点を多角的な視野から簡潔だが丁寧に検討している。


また戦後補償の問題の流れを丁寧にカヴァーしてあるので、この問題のより大きな流れに関心を持つ方には役に立つだろう。最終章に近い部分では、アメリカ社会において今後同じような民族や人種に対する偏見が起こるやもしれない可能性やそれが起こりうる条件について触れている。
  日系アメリカ人強制収容問題のケース・スタディーから、より広範な偏見・差別・迫害の問題一般についても読者に思考の材料を提供するような構成が意識されている点も評価できる。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 読書と出版

    ネットの「こちら側」と「あちら側」-『ウェブ進化論』を読んで-

    梅田 望夫著『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』ちくま新書、…

  2. 読書と出版

    大百科という言葉に弱かった

    僕の場合、けっこう環境的に恵まれていたと思うのだが、高校二年生くらい…

  3. 読書と出版

    江古田文学 67号

    2008年3月15日 発行の江古田文学 67号。特集「名無しの才能」の…

  4. 読書と出版

    「違いのわかるあなた」になるためにうってつけの本

      はじめにあなたは何度も読み返すべき本、あなたは持っています…

  5. 読書と出版

    One Book, Three Points, One Actionから始めよう!

    日々成長したいと考えながらあなたも毎日を過ごしているのではないでしょう…

  6. 読書と出版

    読書歴初期の記憶

    僕の読書に関する記憶は、一ヶ月に一冊家に送られてきた『世界名作児童…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ

    MyblogList
  2. 読書と出版

    多摩テック
  3. 映画・写真・音楽

    デジカメ写真をトイカメラ風に加工
  4. 研究

    波多野哲朗先生の講演
  5. 日記

    主夫的生活
PAGE TOP