WIDE University

学びと教育f
インターネット講義が中心の大学ですが、中身が充実しています。日本語と英語に対応していて、行われた講義はアーカイヴ化されオン・デマンドで学生登録していない人間も見ることできます。僕も2つの講義と1つの講演を「聴講」してみました。
wide.jpgネットで調べものをしていたらたまたま見つけました。WIDE University, School of Internet
日本以外のアジアの学生にも開かれていて、2001年の4月の時点で学生の登録数が7000人を越えているそうです。今は1万人は越えているかもしれません。HPによれば実験段階のため、受講は「無料」だそうです。この大学のビデオ・アーカイブはとても魅力的です。

関連記事

  1. 音声データの教育活用

  2. 文芸特殊研究1(第二回)

  3. 文芸特殊研究1(第四回)

  4. blogの大学教育への活用

  5. バ音楽院、授業をネット公開

  6. 大学のアフター・サーヴィス

  7. 大学授業のオープンソース化

  8. 学生の就職支援にウェブログを応用するのはどうだろうか?

コメント

    • Tokyo Doll
    • 2003年 10月 27日

    このインターネット大学の情報はとてもありがたいです。早速こちらでいろいろ見学させていただきました。とても面白そうですね。インターネットの大学があったらすごく便利ですよね。よくぞ思い付いてくださった!と思いました。もし有料になったとしても、講議内容とか金額によっては受講したいと思います。
    私のところからもこちらにリンク貼らせていただきました。私のところのリンクは今のところnoboruさんのところだけなので、すごくわかりやすいですよ(笑)
    iBookからだとこちらに普通に書き込みできました。
    Winのマシーンに問題があったようです。

  1. 僕はたまたま「映画の誕生」というキーワードで
    検索をかけていたのですが、
    パワーポイントのスライドと講師のライヴ授業が
    映画の誕生に関して見ることができたので
    これは何だろう、と興味がわいて
    もとをたどってみました。
    なんといってもすべての授業が
    アーカイヴ化されていつでもアクセスできるのが
    魅力ですね。
    オン・デマンドで見たい講義を即座に見ることができる。
    放送大学もいい授業をしていると思うのですが、
    海外だと見ることができないし、
    ビデオのタイマーセットなどをしていないと
    見逃しがちです。
    その点、公開されていて興味がある講義の
    リンクをクリックするだけのこのシステムは
    消費者側の生徒にとってはかなりありがたいですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ