最寄り駅

大学の時計塔からほどないところに鉄道の駅があります。なんのひねりもありませんがUniversity Station。バーミンガムのシティー・センター(ダウンタウン)へアクセスできる駅、New Street Stationへは二駅なのでなかなか便利です。バスのネット・ワークもかなり発達しているのですが、東京にいたときの感覚で鉄道を好んで利用しています。

交通運賃に関しては、鉄道もバスも日本に比べるとかなり安いです。アメリカもカリフォルニアやワシントン(州)などはかなり安かったので、日本の交通機関(特にJRと私鉄)が割高ということになると思います。シティー・センターから戻るとき、大学の近くになると線路沿いに小さな運河が見えます。運河を眺めながら、列車を降りる準備をゆっくりと始めるとちょうど最寄り駅につくタイミングです。

関連記事

  1. グラスで水を飲む

  2. 帰国までカウントダウンの日々

  3. 一時帰国

  4. ディズニーをめぐる強迫観念

  5. アメリカ研究科訪問

  6. 歓迎式典

  7. JOHNNY ENGLISHを目指して

  8. To Jarratt Hall

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ