歓迎式典

canal_city_center.JPG今回の留学のスポンサーであるロータリー財団の地区歓迎式典に参加してきました。ロータリーは地域の小さな集まりであるクラブと、それを大きなレベルでまとめた区域(district)、その次に各国レベルの組織、という形で構成されています。本日は、僕の所属するDistrict 1060の奨学生たちの公式の歓迎会。バーミンガム大学以外に、ウォーリック大学コヴェントリー大学の奨学生などが集まりました。式典自体は小一時間で終了。
 帰りは、インド出身の医師、Dr.Raoに同じバーミンガム大のジェニファーとテレッサ(二人ともアメリカ出身)と一緒に車でフラットまで送ってもらいました。途中、バーミンガムのシティー・センター近くの運河沿いのレストランで昼食をDr.Raoにごちそうになりました。シティー・センター近くの運河沿いの景観は落ち着いていて思いの外きれいでした。とても寒かったけれど。よく利用しているシティー・センターの駅New Street Stationからもさほど遠くないことが確認できたので、今度は自分一人で歩き回ってみようと思っています。劇場やらコンサート・ホール、コンベンション・センターといった文化施設もこのあたりに集中しているので。

関連記事

  1. ディズニーをめぐる強迫観念

  2. To Jarratt Hall

  3. 春はまだ遠いか?

  4. Market Harborough、イギリスの大学制度について質問

  5. 楽しそうに働く、楽しく働く

  6. JOHNNY ENGLISHを目指して

  7. Siemens A50

  8. バーミンガム発祥の料理、バルチの夕べ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ