イギリス大学院留学

歓迎式典

canal_city_center.JPG今回の留学のスポンサーであるロータリー財団の地区歓迎式典に参加してきました。ロータリーは地域の小さな集まりであるクラブと、それを大きなレベルでまとめた区域(district)、その次に各国レベルの組織、という形で構成されています。本日は、僕の所属するDistrict 1060の奨学生たちの公式の歓迎会。バーミンガム大学以外に、ウォーリック大学コヴェントリー大学の奨学生などが集まりました。式典自体は小一時間で終了。
 帰りは、インド出身の医師、Dr.Raoに同じバーミンガム大のジェニファーとテレッサ(二人ともアメリカ出身)と一緒に車でフラットまで送ってもらいました。途中、バーミンガムのシティー・センター近くの運河沿いのレストランで昼食をDr.Raoにごちそうになりました。シティー・センター近くの運河沿いの景観は落ち着いていて思いの外きれいでした。とても寒かったけれど。よく利用しているシティー・センターの駅New Street Stationからもさほど遠くないことが確認できたので、今度は自分一人で歩き回ってみようと思っています。劇場やらコンサート・ホール、コンベンション・センターといった文化施設もこのあたりに集中しているので。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    トム・クルーズ、武士道を語る

    テレビをつけるとトム・クルーズがなんと武士道を日本語混じりで語っていて…

  2. イギリス大学院留学

    髪を切る

    イギリス入りして初めての雨。朝方は細かな雨が降ったりやんだり。僕がハウ…

  3. イギリス大学院留学

    3度の留学と英語学習の概略

    このページのメール・フォーム経由で留学と英語学習に関する問い合わせや相…

  4. イギリス大学院留学

    Moving Sale!

    もうすぐ帰国が近いので、身のまわりのものを売ることにする。そこで、Mo…

  5. イギリス大学院留学

    年頭のご挨拶

    あけましておめでとうございます。日本に遅れること9時間、イギリスでも年…

  6. イギリス大学院留学

    バーミンガム訛り

    バーミンガムがけっこう訛りが強い地域であることは日本にいるときから情…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ストーリー思考

    神戸芸術工科大学大学院「マインドマップとストーリー思考のススメ」ワークショップ2…
  2. 広報・PR

    ミシュランの謎
  3. ライフハック

    エフェメラリゼーションという魔法の杖
  4. 日記

    『ヘルスケア・デザイン・レポート』
  5. イギリス大学院留学

    トム・クルーズ、武士道を語る
PAGE TOP