日記

泳ぐ

 

引っ越しを前に僕が毎日やっているのはプールに行くことである。場所は、現在住んでいる東京国際交流館から自転車で20分くらいの有明スポーツセンター内のプールだ。実は、今年いの二月くらいからぽつぽつ泳いでいたのだが、SARSが流行した時期からそこへ行くのをやめていた。しかし、その時に購入した回数券がまるまる残っているので引っ越しが決まった今、回数券分をなんとか消化しようと足繁く毎日プールに通っているのである。

swim20140213


 適当に泳ぐときは圧倒的に平泳ぎが多いのだが、今回は肩の筋肉を鍛えようというはっきりとした気持ちがあって、クロールで可能な限り長くゆっくりと泳ぐようにしている。プールの入場口のところにおいてあった、雑誌TARZANのだいぶ前の「なりたい体は水泳体型!」といったような特集によれば、水をきちんとつかまえてかきだせば、水はダンベルと同じ働きをするということだ。ただ、腕を回転させて進むわけではなく水を自分の後方につかんでかきだすというイメージでやってみると、なかなか腕に負荷がかかる。一日のノルマをこなすと腕がずいぶん疲労しているのに気づく。しかし、いくら泳いでも全然筋肉痛にならないのは不思議だ。おかげで毎日無理なく続けられる。
 もう新陳代謝が衰えて始めているせいか、太り気味の僕である。継続的に泳いでいると体脂肪がゆっくりと、しかし確実に減っていく。しかし、継続しなければ何でも意味がない。引っ越し先の所沢では近所にいくつかプールを見つけた。今度の留学先のバーミンガム大学でもプールくらいは当然あるだろう。月並みだけれど、走るか、泳ぐか、どちらかを生活の中にステディに取り入れていく努力をすることが健康と体力維持のために大切である。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 日記

    医療タイムス 林兼道取締役会長と会談

    夕方、医療タイムス 林兼道(はやし・かねみち) 取締役会長と二人でお話…

  2. 日記

    誇張報道

    「外国生まれでも大統領のチャンスを」シュワ知事が訴え…

  3. 日記

    シームレス・アート展

    渋谷で開催されているシームレス・アート展に奥さんを連れて行ってきた。…

  4. 日記

    30の誕生日、埼玉県民ライフ、イタリアン

    本日でとうとう30歳。また、このよき日に(?)引っ越し先への賃貸契…

  5. 日記

    とうとう昆虫系に依頼

    このところ、動物系の業者が何度もアパートに出入りしていた。独身の時はネ…

  6. 日記

    dirbertがWEBで読める

    アメリカの人気コミックDirbertが日本のWEBで読めるようになった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    EDO WONDERLAND日光江戸村は日本文化を楽しく体験できるテーマパーク!…
  2. ストーリー思考

    短い時間に複数のストーリーが凝縮されたロンドンパラリンピックのTV-CM
  3. 日記

    2012年もよろしくお願いいたします。 
  4. 研究

    公的意味空間論ノート(花田達郎著『公共圏という名の社会空間』第二章)
  5. ストーリー思考

    その日をラベリングする見出しをつけてみる
PAGE TOP