映画・写真・音楽

『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』


マイ・ビッグ・ファット・ウェディング(原題はMy Big Fat Greek Wedding)をシネマ・メディアージュで観てきた。
ストーリーをごく簡潔に表現するならば、典型的なギリシャ系のヒロインが、家族の期待に背いてアングロ・サクソン系の男を好きになって結婚したさいの顛末記ということになるだろうか。
アメリカに移民してきたギリシャ系コミュニティーにとって、それ以外のエスニシティーに属する者は当初、他者としてしか認識できない。そんな他者と恋に落ちた娘を父はなじる。他のギリシャ系の家族や親戚も同様である。しかし、主人公の恋人イアンはなんとかその壁を乗り越えようとする。ギリシャ正教の洗礼を実際に受けたり、ギリシャ語を使おうとしたり….そして、最終的にはヒロインの父親も同じ人間同士だという認識に達する。なんとなくギリシャ系であることに居心地の悪さを感じていたヒロインも自分の文化に最終的には誇りを持てるようになるという結末であった。
ある意味ではエスニシティーの対立から和解までを道徳的に描いた映画とも言えるが、ユーモアを交え押しつけがましくない描き方に徹していた点が評価できる。また、そういった視点を持ち込まなくとも純粋にエンターテイメントとしてもきちんと成立していて後味のいい映画である。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 映画・写真・音楽

    『ピンポン』

    パートナーがレンタルしてきた『ピンポン』を観た。松本 大洋の原作マンガ…

  2. 映画・写真・音楽

    Daddy Day Care

    機内映画の二本目はDaddy Day Care。一本目がミステリー仕…

  3. 映画・写真・音楽

    Robert Carlyle

    先週末にハリウッド映画ではなく、イギリス映画を見よう、ということで渡…

  4. 映画・写真・音楽

    裏窓

    ヒッチコックの『裏窓』、Rear Window (1954) を観た…

  5. 映画・写真・音楽

    『まあだだよ』

    黒澤明監督作品『まあだだよ』を見た。実在の作家、内田 百間(うちだ・ひ…

  6. 映画・写真・音楽

    『デジカメ時代の写真術』

    森枝 卓士 『デジカメ時代の写真術』(日本放送出版協会、2003)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    父親になりました
  2. 日記

    新しい自転車
  3. デザイン

    CMYKとRGB
  4. 日記

    毛布の浮遊
  5. イギリス大学院留学

    帰国までカウントダウンの日々
PAGE TOP