wisdom tooth

親知らずを抜いた。親知らずを英語ではwisdom tooth(智恵歯)というらしい。今回が、歯を抜くのは二回目である。前回抜いたのは2000年で、妻の妹さんの結婚式に出席するため、留学先から一時帰国したさいのことだった。その時も親知らずを抜いた。練馬にある某歯科医はわけのわからない駄洒落を繰り出し、治療中に演歌を歌うという、かなり癖のある医者だった。なかなか抜けなくて、けっこう苦しかった記憶がある。

しかし、今回は麻酔の針が二度ちくりとしただけで、歯を抜く作業自体は一秒とかからなかった。前回抜いた親知らずとは左右対称の位置にある歯を抜いたのだが、ずいぶん歯科医の手際には差があるものである。おそらく、これが普通で、練馬の治療中に歌いはじめる歯科医は例外中の例外だと思いたい。

関連記事

  1. ドミニカ共和国 公使参事官と打ち合わせ

  2. 専門と周辺領域のはざまにあるブレイクスルーのタネ

  3. 「鳥の目」 「アリの目」、あなたはどちらのタイプ? 

  4. 『カザーナ-CAZANA』さえぐさ編集長と打ち合わせ

  5. 周辺飛行

  6. Dull Weather

  7. キャンペーン・スタート

  8. ファヒータ(メキシコ料理)を約10年ぶりにつくってみました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ