読書と出版

パオロ・マッツァリーノ著『つっこみ力』

パオロ・マッツァリーノ『つっこみ力』を読んだ。メディア・リテラシーの批判は減点法だが、つっこみ力は批判するだけでなく「わかりやすさ」や「おもしろさ」といった他者に共感可能な付加価値をつくるというのがなかなか独創的な指摘だ。

つっこみ力 ちくま新書 645
パオロ・マッツァリーノ
筑摩書房 (2007/02/06)
売り上げランキング: 5650
おすすめ度の平均: 3.5

4 投稿論文の学術誌受理を目指している、あなたにも
4 つっこみ力は、愛と勇気とお笑いの三つの柱で構成されている
4 納得。

著者名パオロ・マッツァリーノから、筆者を不覚にもイタリア人かと一瞬思ってしまった。しかしながら、文章を読み進めていくと生粋の日本人でしかかけない内容だ。さらにプロフィールのいい加減さから日本人がイタリア人名で遊んでいるのだと確信する。
ペンネームもこのくらい思い切ったものだと、意外性があって楽しめるかもしれない。自分でも、謎の外国人みたいなペンネームで本を出してみるのは面白いかもな、などと思う。その時の名前は……秘密にしておこう。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 読書と出版

    読書にまつわる記憶

     小学校低学年の頃の読書にまつわる記憶とたどってみると.... (…

  2. 読書と出版

    『偽装するニッポン』

    中川理『偽装するニッポン』(彰国社,1996)を読んだ。 ディズニーラ…

  3. 読書と出版

    Dave Barry Does Japan

    Dave Barry"Dave Barry Does Japan" …

  4. 読書と出版

    雑誌「THE BIG ISSUE」を知っていますか?

    『ホームレスから社長になった男の逆転法則』を読みました。…

  5. 読書と出版

    佐々木俊尚著『グーグル』

    グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (50…

  6. 読書と出版

    自己資金なしで著書出版

    本日付の日経新聞を読んでいたら、学校アルバムのマツモトが自己資金がな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    3秒でお客をつかむホームページの作り方
  2. マーケティング

    売ることと買うのを手伝うことは全く違う別のこと
  3. イギリス大学院留学

    シティー・センターへ
  4. デザイン

    肝心なのはメディア・ニュートラルの姿勢
  5. 映画・写真・音楽

    Last.FM
PAGE TOP